UP

製菓学校の情報

Confectionery School Information

2018-09-12

学校法人古屋学園 二葉プレゼンツ2018

学校法人古屋学園(手嶋達也理事長/東京都武蔵野市)は、6月9日(土)『二葉プレゼンツ2018』を開催した。この催しは、学園と関係の深い業者や団体等を招き、「専門学校二葉製菓学校」(大野龍男校長)、「二葉栄養専門学校」(小川万紀子校長)、「専門学校二葉ファッションアカデミー」(吉野たけし校長)の活動内容を披露して更なる理解と支援を求めることを目的としている。
第8回目の開催を迎えた今回も、会場となった二葉栄養専門学校には、この日のために各校の講師陣が腕を振るった和・洋・中華の料理やスイーツ、パンが用意され、来場者をもてなした。

<クリックすると拡大されます。>

2018-09-12

日本菓子専門学校 2018特別講習会

専修学校日本菓子専門学校(三浦秀一校長/東京都世田谷区)は、7月3日(火)、4日(水)の2日間、同校第7実習室にて表題の講習会を開催した。
7月3日(火)は、同校専任教師の酒井雅秀氏と高倉美香氏が洋菓子コースを担当し、酒井氏は「ココパイン」「パラディ」「コンフィズリー(2種)」の3品、高倉氏は「エッグリキュールトルテ」「ケイク・フレーズ」の2品をそれぞれ講習した。
翌4日(水)には、福本圭祐氏と船田雅一氏(共に同校専任教師)による和菓子コースが開催され、「珈琲ぼーる」や「胡麻の香」などを講習。両日とも約70名が参加して好評を博した。

<クリックすると拡大されます。>

2018-06-12

学校法人古屋学園
3校合同入学式を開催

学校法人古屋学園(手嶋達也理事長 /東京都武蔵野市)では、4月5日(水)武蔵野市民文化会館にて二葉栄養専門学校(小川万紀子校長)、専門学校二葉製菓学校(大野龍男校長)、二葉ファッションアカデミー(吉野たけし校長)の合同入学式を挙行した。
式では、開式の言葉、校歌斉唱に続き、手嶋達也理事長が新入生267名を前に入学許可宣言を高らかに行った。引き続き「本校は、“涵養の精神と職業人の自立”を建学の理念として掲げています。(1)挨拶 (2)基礎・基本を身に着ける (3)話し合い という3つのことを覚えておいてください」等と式辞を述べた。
続いての各校長による式辞では、専門学校二葉製菓学校校長の大野龍男氏は、「本校は実践的な教育を行っており、企業と連携し即戦力のある学生を育てています。現在の日本の洋菓子技術は世界最高峰です。次世代を担う皆さんは、職業人としてグローバルに世界に貢献して」とスピーチした。
続いて二葉栄養専門学校で英語を担当するディエラ・タイラー・ブラッドリー氏の英語・仏語・日本語での来賓祝辞、祝電披露、合田早希さんによる新入生誓いのことば、来賓・講師紹介、教職員紹介の後、閉式の言葉で入学式を締めくくった。

<クリックすると拡大されます。>

2018-06-12

日本菓子専門学校
第59回製菓技術学科 第21回製パン技術学科 第3回ハイテクニカル科入学式

専修学校日本菓子専門学校(三浦秀一校長 /東京都世田谷区)は、4月3日(月)砧区民会館を式場に平成30年度入学式を挙行した。
開会の辞、国歌斉唱に引き続いて、三浦秀一校長が式辞を述べ、「本校は業界で設立した学校で、一流の講師が来られて貴重な時間で知識・技術を教授することができます。大いに勉強して」と新入生に呼びかけた。
秋山昭八理事長、日本洋菓子協会連合会 石黒莞治専務理事の祝辞の後、当工業会理事で日本菓子専門学校同窓会会長の若狭洋市氏が祝辞を述べた。続いて、来賓祝辞・電報披露の後、新入生を代表して飯山文愛さんが「伝統ある本校でこれから知識と技術を勉強することは私達の新たな希望です。同級生と共に切磋琢磨することを、ここに決意し努力する所存です」と力強く誓いの言葉を述べた。
最後に松本昇事務局局長の閉式の辞で入学式を終了した。
なお、本年度は製菓技術科155名、製パン技術学科32名、ハイテクニカル科8名、合計195人の新入生を迎えた。そのうちアジア出身の留学生が87名を占めた。

<クリックすると拡大されます。>

2018-05-14

東京都菓子学園
平成29年度 第49期生修了式

職業訓練法人東京都菓子学園(細内進理事長、安部一郎学園長/豊島区)は、3月8日(木)、第49期生の修了式を挙行した。
開式の辞、国歌斉唱に続く挨拶の中で細内進理事長(株式会社ゴンドラ/当工業会副理事長)は、1年間、職場の理解と協力を得て、働きながら夜間の勉強に努めた修了生にねぎらいの言葉を述べた。
修了証書及びパン・菓子製造科技能士補合格証書授与では、田邉優さん(ル・スティル)が修了生を代表して証書を授与され、褒賞授与では下表の賞が各々に授与された。
来賓からは、東京都産業労働局 中央・城北職業能力開発センターの増田和則所長、東京都職業能力開発協会の大畑章能力開発部長並びに当工業会の加藤信理事長が「業界の更なる発展に尽力してください」(増田所長)、「技能検定にもチャレンジしてください」(大畑部長)、「パティシエの仕事に定年はありません。人生100年と言われる今の時代、様々な事に興味を持って、自分の仕事を天職に磨いてください」とそれぞれ祝辞を述べた。この後、田邉優さんが修了生を代表して感謝の言葉を述べ、式典を終了した。

■東京都菓子学園 49期生各賞受賞者 <賞及び受賞者氏名(派遣会社)>

東京都職業能力開発協会 会長賞: 田邉 優((株)ル・スティル)
日本菓子教育センター 理事長賞: 有働 美穂((株)マッターホーン)
堀里 栄(敷島製パン(株))
日本菓子教育センター 小論文「働きながら学ぶこと」優秀賞: 坂本 一成(平塚製菓(株))
田邉 優((株)ル・スティル)
(協)全日本洋菓子工業会 理事長賞: 坂本 一成(平塚製菓(株))
(一社)日本洋菓子協会連合会 会長賞: 谷内 奈々未((株)コロンバン)
(職訓)東京都菓子学園 理事長賞: 登嶋 将太((株)上野凮月堂)
(職訓)東京都菓子学園 学園長賞: 関口 順子(ジェイアール東日本フードビジネス(株))
皆勤賞: 谷内 奈々未((株)コロンバン)

<クリックすると拡大されます。>

PCGページ
レシピページ
書籍販売ページ
sigep
sigep
aperitif
grandpatissier
cakechef
boulanchef
cakepia