月刊 世界の菓子 PCG

2017年 1月号

(最新号)

 

発売中

特 集

チーズケーキのアレンジ

日本でお菓子にチーズが広く使われるようになったのは、昭和30年代後半からだとされています。昭和40年代に、関東では「レアチーズケーキ」が、関西では「ベイクドチーズケーキ」がブームとなり、「チーズスフレ」などの日本独特の手軽なお菓子も生まれました。今回の特集では、3人のパティシエにチーズの個性を活かした製品を提案していただきます。さらにクリームチーズの2つの競技会について振り返ると共に、優勝経験者に新たな製品を製作してもらいました。また、“チーズを使ったみやげ菓子”や、“パティスリーにおすすめのチーズ”も紹介します。

詳しい情報を見る>

最新情報

Copyright © 2010 All Japan Confectionery Association All rights reserved.