月刊誌 世界の菓子 PCG

最新号のご紹介

2018年 10月号

pcg表紙

特 集

シュトレンと伝統菓子

近年、クリスマスを待ちわびるお菓子「シュトレン」が人気を呼んでいます。そこで、ドイツ直伝の正統派シュトレンの作り方を解説すると共に、素材を変えたり、日本人好みにアレンジしたシュトレンを6名のパティシエに製作していただきます。またパネトーネ、パンドーロ、ベラベッカ、トゥロンといったクリスマスの伝統菓子もレシピと共に掲載。ポーランド、ロシア、ギリシャなどこれまであまり取り上げてこなかった国のクリスマス菓子やクリスマス習慣も紹介します。

連 載

話題の店:パティスリー&カフェ デリーモ 東京ミッドタウン日比谷店
製菓技術ゼミナール:石井 亮(パティスリー ビガロー)
私のスペシャリテ:武 幸子(パティスリー・ドゥ・ボン・クーフゥ)

好評
発売中

次号のご紹介

2018年 11月号

now printing

特 集

ガレット・デ・ロワ2018

クレーム・ダマンド(またはクレーム・フランジパーヌ)とフィユタージュでできたガレット・デ・ロワは、お菓子の王道ともいえるお菓子。シンプルな材料だけに、レイエやクープ、厚さのバランス、焼き具合など、職人としての技術も試されます。日本でも広まりつつあるこの新年のお菓子について改めて学ぶと共に、7名のパティシエに進化系であるヌーヴォーを提案していただきました。また、ブーランジェやフランス人シェフが作るガレット・デ・ロワも紹介、特に店のスペシャリテにしているシェフには、そのPR方法や大量に仕込む舞台裏のお話も聞きました。

連 載

話題の店:パティスリー ドゥ ラベイユ
私のスペシャリテ:昆布 智成(アングラン)

※内容は予告なく変更することがあります。予めご了承ください。

 

11月1日
発売

定期購読のご案内

◆ 定期購読の方に限り、定価1冊2,570円(税込)のところ、1冊2,000円(税込)にてお届けいたします ◆
● 1年:24,000円(税込・送料不要)  ● 6ケ月:12,000円(税込・送料不要)

月刊誌「世界の菓子PCG」の定期購読・バックナンバーをご希望の方は、下記「ご購読のお申込み専用フォーム」よりお申し込みください。折り返し、ご注文内容、金額及びお手続き方法をメールにてお知らせいたします。

本はご入金確認後、発送いたします。

問い合わせ先

協同組合 全日本洋菓子工業会
〒105-0012 東京都港区芝大門1-16-10土木田ビル3F
Tel:03-3432-3871 Fax:03-3432-4081