月刊誌 世界の菓子 PCG

最新号のご紹介

2021年 7月号

pcg表紙

      【完売しました】

特 集

パティシエの育成~製菓学校と製菓の現場

製菓業界全体で人手不足が叫ばれて久しく、若年人口の減少からみても、今後ますます深刻化することが予想されています。業界が若者にとってより魅力あるものとなるために、専門学校などの教育機関とパティスリーやホテル、メーカーなどの勤務先とが話し合って、人材を大事に育てていく必要があるのではないでしょうか。今回は、製菓学校4校の先生方とパティシエの座談会を実施、どのようなカリキュラムで学生たちが製菓技術を学んでいるかを伺い、若者たちの資質をどのようにとらえたらよいのか、学生たちにやる気を起こさせるにはどうするのがよいのか、子供達にパティシエになる夢を与えるには・・・など、自由に話し合っていただきました。また、専門学校を卒業して数年の若いパティシエの職場を訪ね、本人と上司や先輩に話を聞いています。全国の製菓専門学校から一部を抽出して、募集学科や学校の特徴なども紹介します。

連 載

話題の店:ハルツキ菓子店
製菓技術ゼミナール:マチュー・パンソン(ヌメロサンク・パリ)
私のスペシャリテ:内海 胤城氏(エーグルドゥース)

次号のご紹介

2021年 8月号

now printing

特 集

国産素材 PART.1~生産者の思いを伝える菓子づくり~

四季の豊かな日本には、世界に誇れる国産フルーツをはじめさまざまな農作物、乳製品、そしてお茶や調味料など、製菓に取り入れる価値があるものが存在します。そこで、今号では、積極的に国産素材を活用している方にその価値や活用法を解説していただき、その一部を使用した製品を提案していただきます。また、農林水産省の「地理的表示(GI)保護制度」の大枠や登録状況も紹介します。

連 載

話題の店:パティスリーオベイサン
製菓技術ゼミナール:上霜 考二(アヴランシュ ゲネー)
私のスペシャリテ:長谷川 哲也(帝国ホテル 東京)

※内容は予告なく変更することがあります。予めご了承ください。

 

8月1日
発売

定期購読のご案内

◆ 定期購読の方に限り、定価1冊2,618円(本体2,380円+税)のところ、1冊2,041円(税込)にてお届けいたします ◆
● 1年:24,500円(税込・送料不要)  ● 6ケ月:12,500円(税込・送料不要)

月刊誌「世界の菓子PCG」の定期購読・バックナンバーをご希望の方は、下記「ご購読のお申込み専用フォーム」よりお申し込みください。折り返し、ご注文内容、金額及びお手続き方法をメールにてお知らせいたします。

本はご入金確認後、発送いたします。

問い合わせ先

協同組合 全日本洋菓子工業会
〒105-0012 東京都港区芝大門1-16-10土木田ビル3F
Tel:03-3432-3871 Fax:03-3432-4081