月刊誌 世界の菓子 PCG

最新号のご紹介

2022年 8月号

pcg表紙

特 集

「改めて油脂を考える」~バターとプラントベースの油脂

製菓で使用する油脂というとバターが第一に頭に浮かびますが、実際には国産バター、海外のバター(発酵バターを含む)、プラントベースの様々な油脂、コンパウンド油脂と多岐にわたります。今号では、まずバターについて改めて現状を把握すると共に、最近よく話題にのぼるプラントベースバターやプラントベースマーガリンについても考察します。フィナンシェやマドレーヌは、いくつかの油脂で風味や色付き、食感などを検証しました。それぞれの油脂で製品を提案するとともに、製菓に向いた油脂のカタログも掲載します。

連 載

話題の店:エキリーブル
製菓技術ゼミナール:波多江 篤
私のスペシャリテ:石田 幸子(SACHI菓子)

次号のご紹介

2022年 9月号

now printing

特 集

モンブラン、マロンのスイーツ

秋の食材の中でとりわけ、洋菓子に欠かせない素材、「栗」。店のショーケースにはさまざまな栗のお菓子が並びます。古くから栽培され、日本人の味覚に、強く記憶されえいる栗のやさしい甘み、ほっくりした食感。近年モンブランのバリエーションも増えています。そこで、今月は栗にスポットライトを当て、モンブランと栗のお菓子、長く愛されている名店のモンブラン、和菓子店の栗菓子などを紹介しながら、栗の魅力をあらためて探っていきたいと思います。栗の加工品カタログも掲載します。

連 載

話題の店:GINZA SWEETS MARCH
製菓技術ゼミナール:昆布 智成(アングラン)
私のスペシャリテ:塚本 幸絵(パティスリー レザネフォール 中野店)

※内容は予告なく変更することがあります。予めご了承ください。

 

9月1日
発売

定期購読のご案内

◆ 定期購読の方に限り、定価1冊2,618円(本体2,380円+税)のところ、1冊2,041円(税込)にてお届けいたします ◆
● 1年:24,500円(税込・送料不要)  ● 6ケ月:12,500円(税込・送料不要)

月刊誌「世界の菓子PCG」の定期購読・バックナンバーをご希望の方は、下記「ご購読のお申込み専用フォーム」よりお申し込みください。折り返し、ご注文内容、金額及びお手続き方法をメールにてお知らせいたします。

本はご入金確認後、発送いたします。

問い合わせ先

協同組合 全日本洋菓子工業会
〒105-0012 東京都港区芝大門1-16-10土木田ビル3F
Tel:03-3432-3871 Fax:03-3432-4081