UP

月刊誌 世界の菓子 PCG

バックナンバーのご紹介

  • 2018年 9月号

    pcg表紙

    特 集

    秋の味覚とハロウィン

    芋、栗、カボチャ、イチジク、ブドウ、リンゴ、ナッツ・・実りの秋の素材は、そのまま食べられるだけでなく、お菓子にもいろいろな形で使われます。秋の収穫物をテーマに、5名のパティシエに秋に向けての製品を提案していただきます。
    また、近年盛り上がりを見せているハロウィンの取り組みを個人店やホテルに伺います。包材メーカーにもハロウィンの新製品を中心にご紹介いただきます。

    連 載

    話題の店:レザネフォール 中野店
    製菓技術ゼミナール:中山洋平(パティスリー エクラデジュール)
    私のスペシャリテ:浅井 拓也(カフェ ミクニズ)

    好評
    発売中

  • 2018年 8月号

    pcg表紙

    特 集

    冷凍の技術

    洋菓子の工程では、日頃から当たり前のように使用している“冷凍”。製造現場での効率化や時間短縮のためはもちろんのこと、出来立ての風味をたもつため、菌の繁殖を抑え安全性を高めるためなど、冷凍の効果について改めて考えていきます。
    通信販売で売れているフローズンケーキの紹介や、工場での冷凍機器の活用事例を聞き、3名のパティシエに、冷凍技術を活かした製品を提案していただきます。
    また、素材メーカー3社からは冷凍耐性を高める製品を、機械メーカーにもパティスリーに勧めたい冷凍関連機械を紹介していただきます。

    連 載

    話題の店:ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブル
    製菓技術ゼミナール:浅見欣則(パティスリー ヨシノリアサミ)
    私のスペシャリテ:渡邊 泰史(パティスリー ポルトボヌール)

    好評
    発売中

  • 2018年 7月号

    pcg表紙

    特 集

    ハーブ&スパイスを活かして

    味わいや香りを演出する素材として、昔からさまざまな料理にお茶に用いられてきたハーブやスパイス。心や体を整える数々の効能を持つと共に、清涼感を与える、後味を良くするなど、お菓子においても特長を活かすことができれば、活用の幅も広がります。
    ここでは基本的な素材を解説すると共に、夏に向けて、6名のパティシエやブーランジェにハーブやスパイスを使用した製品を提案していただきます。
    また、世界で親しまれているお菓子やパンも紹介します。

    連 載

    話題の店:ラ・パティスリー ツキ
    製菓技術ゼミナール:熊谷 治久(レ タン プリュス)
    私のスペシャリテ:三本 陽平(パティスリー ショコラトリー ルメルシエ)

    好評
    発売中

  • 2018年 6月号

    pcg表紙

    特 集

    第16回クープ・デュ・モンド国内選考会/洋菓子の型と形

    3月20日、21日に開催された「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」国内選考会の模様をレポート。第2特集ではお菓子の型や形について考察。CDM出場経験者に、独自の型など創意工夫した点を伺うとともに、その後の製品づくりで活きている技術などを披露していただきます。また、型の使い方でオリジナリティーを出している例を紹介。型のメーカーに聞いた“今おすすめしたい型”を掲載します。

    連 載

    話題の店 プティ サパン
    製菓技術ゼミナール 遠藤 淳史(タント・マリー)
    私のスペシャリテ 下高光弘(トイ トイ トイ)

    好評
    発売中

  • 2018年 5月号

    pcg表紙

    特 集

    真空調理を学ぶ

    〈真空調理〉〈低温調理〉などの言葉を、最近よく耳にします。素材の味を損なうことなく調理できるというそのメカニズムを、専門家に改めて解説していただくと共に、実際に活用しているパティシエには活用法を解説していただきました。作業の効率化や時間短縮につながる調理法ですので、まずはご一読ください。関連する機材も紹介します。

    連 載

    話題の店 パティスリー Tシャンティイ/ベイユヴェ―ル
    製菓技術ゼミナール 三鶴康友(フランス菓子 トワ・グリュ)
    私のスペシャリテ 中里亘弘

    好評
    発売中

  • 2018年 4月号

    pcg表紙

    特 集

    柑橘の使い方、活かし方

    国産の柑橘類をお菓子作りに活かしている店も増えています。基礎知識として柑橘の発祥や分類、国内柑橘の出回り時期を解決し、柑橘と何か別の素材(野菜、チーズ、ナッツ、ハーブなど)を合わせた製品を、5名のシェフに提案していただきます。
    また、産地とパティシエのつながりの事例を紹介し、和歌山県と高知県のパティシエには柑橘の活かし方や商品が生まれたエピソードを伺い、代表的な焼き菓子を紹介します。ピューレやゼスト、オイルなどの加工品カタログも掲載します。

    連 載

    話題の店 上野凮月堂
    製菓技術ゼミナール 上霜考二(アヴランシュ・ゲネー)
    私のスペシャリテ 山内敦生(ベルグの4月)

    好評
    発売中

  • 2018年 3月号

    pcg表紙

    特 集

    ローマッセ

    マジパンとは、アーモンドと砂糖を原料とした保存性が効くペースト状の原料。ヨーロッパでは古くから、フルーツや野菜、動物の形(フィギア)にして楽しまれています。また、フルーツケーキや、生クリームを使ったケーキの周囲を包む素材としても知られています。マジパンは大きく「ローマッセ」と「マジパン」に分けられ、国により配合が異なります。例えばドイツでは、「ローマッセ」はアーモンドと砂糖の比率が2:1が基本で、「マジパン」ではそれが1:2となります。今回は特に「ローマッセ」にスポットを当て、お菓子のいろいろなパートに利用して6名のシェフに製品を提案していただきます。また、ヨーロッパ各国のマジパン菓子をピックアップ。自家製ローマジパンを使用したコンフィズリーの紹介や、リューベッカの工場での製法などを伺いました。

    連 載

    話題の店:シャンドワゾー グラシエ ショコラティエ
    私のスペシャリテ:宇野博文(和楽紅屋)

    好評
    発売中

  • 2018年 2月号

    pcg表紙

    特 集

    パート・フィユテ

    老若男女を問わず、多くの人に愛されるパイ菓子。歴史のあるジャンルの一つであると同時に、近年は店頭で焼き立てを提供したり、セイボリーパイ(惣菜パイ)の食べ放題が味わえたりといった新しい形態の専門店もオープンしています。一方で冷凍パイ生地などが流通していることもあり、自分の手でフィユタージュを手掛けたことがないパティシエもいるようです。そこで改めて、基本的なフィユタージュの3つの製法と、それぞれの記事の特徴について解説します。
    また、フィユタージュを活かした製品を5名のシェフに提案していただき、人気のパイ施文店3店をレポートします。さらに、効率的な製造を助ける冷凍パイ生地や折込み用バターシートも紹介します。

    連 載

    話題の店 パッション ドゥ ローズ
    製菓技術ゼミナール 望月完次郎(帝国ホテル東京)
    私のスペシャリテ 山内敦生(ベルグの4月)

    好評
    発売中

  • 2018年 1月号

    pcg表紙

    特 集

    新春~春のイベント菓子

    かつて日本人には馴染みがなかった「ガレット・デ・ロワ」をPCGでは1999年に「ガレット・デ・ロワを売る」を特集テーマに取り上げました。それから多くのパティシエの努力によって、今では“新春のお菓子”として、知られるようになりました。同様に、パックの卵やウサギ、羊などのお菓子やチョコレートは、一部の洋菓子愛好者だけのお楽しみから、より広く一般の人にも知られるようになりつつあるイベントです。
    今回は、「ガレット・デ・ロワ」やオリジナリティのある「パックのお菓子」、そして「ポワソン・ダブリル」を、5名のパティシエに製作いただきました。

    連 載

    話題の店:メゾン・ジヴレー
    製菓技術ゼミナール:德永純司(ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ)
    私のスペシャリテ:古屋健太郎(アルカション)

    好評
    発売中

  • 2017年 12月号

    pcg表紙

    特 集

    独立、移転

    パティシエの道を選んだからには、自分の店を持つことは大きな夢なのではないでしょうか。しかし、それを現実のものとするためには、綿密な計画が必要です。そこで、ここ数年で独立、移転したパティスリーのシェフにインタビューを実施。独立、移転のきっかけや苦労した点などについて振り返っていただくと共に、こだわりの詰まった製品を製作していただきます。また、メーカーや商社からのアドバイスも併せて掲載します。

    連 載

    話題の店:クグラパン
    製菓技術ゼミナール:神田智興(オクトーブル)
    私のスペシャリテ:宮部和子(ラ・ローズ・ジャポネ)

    好評
    発売中

  • 2017年 11月号

    pcg表紙

    特 集

    ボンボン・ショコラ&チョコレート

    パティスリーの品揃えの一つとして、年間を通してボンボン・ショコラを置く店が増えています。
    日本人のライフスタイルの中にも、日頃からチョコレートを楽しみ文化が定着していることを表しています。今回は、チョコレートに力を入れる店のボンボン・ショコラから3点をシェフ自ら解説していただき、さらに自店のこだわりやアイデアが生まれるきっかけなどについてもお話しいただきました。
    一方で、“計画的に製造・販売できる”チョコレートといえども食に関わる商品、正しい知識が必要です。「水分活性値」「正しい乳化」「テンパリング」など、プロ向けの講座を持つアカデミーに解説していただきます。また、チョコレート関連のマシンやクーベルチュールのメーカー情報も紹介します。

    連 載

    話題の店:マジドゥショコラ
    私のスペシャリテ:塚田悠也(東海調理製菓専門学校)

    好評
    発売中

  • 2017年 10月号

    pcg表紙

    特 集

    クリスマスとクレーム・オ・ブール

    大切な人と囲むクリスマスケーキは、日本のクリスマスの醍醐味。どのパティスリーも、バラエティー豊かなケーキを用意してお客様を迎える事でしょう。
    今年は、進化を遂げているバタークリームに注目。作り方の基本や、パイピングの技術を解説すると共に、基本から応用まで、さまざまなシーンで食べられるクリスマスケーキを4人のシェフが提案。ドイツでクリスマスに食べられるフール・セックも紹介します。

    連 載

    話題の店:パティスリー&ブーランジェリー ハル
    製菓技術ゼミナール:野木将司(ルラシオン アントル レ ガトー ハル)
    私のスペシャリテ:指田 洋史(菓子屋カランドリエ)

    好評
    発売中

  • 2018年
    9月号

  • 2018年
    8月号

  • 2018年
    7月号

  • 2018年
    6月号

  • 2018年
    5月号

  • 2018年
    4月号

  • 2018年
    3月号

  • 2018年
    2月号

  • 2018年
    1月号

  • 2017年
    12月号

  • 2017年
    11月号

  • 2017年
    10月号

定期購読 及び バックナンバーの申し込みについて >

  2017年 9月号   アンズ、スモモのお菓子
  2017年 8月号   名古屋の洋菓子文化
  2017年 7月号   クレーム・シャンティイ
  2017年 6月号   糖のちから
  2017年 5月号   私が考えるタルト
  2017年 4月号   第15回 クープ・デュ・モンド
  2017年 3月号   寒天、アガーの可能性
  2017年 2月号   カジュアル・スイーツ〜春の訪れを告げる桜のお菓子〜
  2017年 1月号   チーズケーキのアレンジ
  2016年 12月号   日本の味覚を考える
  2016年 11月号   チョコレートを取り巻く環境
  2016年 10月号   クリスマス
  2016年 9月号   モンブランと栗のお菓子
  2016年 8月号   「神戸」「京都」「大阪」3都市パティスリー巡り
  2016年 7月号   お菓子におけるアンビベの役割 / 第10回グラス(氷菓)を使ったアシェットデセール・コンテスト
  2016年 6月号   第15回「クープ・デュ・モンド」国内予選 / パティシエの氷菓
  2016年 5月号   昔懐かしいお菓子の魅力
  2016年 4月号   コンフィチュールとその応用
  2016年 3月号   塩味をプラスして
  2016年 2月号   卵の科学
  2016年 1月号   お菓子と共にあゆむ
  2015年 12月号   発酵菓子・揚げ菓子/菓子屋のパン作り
  2015年 11月号   クリスマスカタログ
  2015年 10月号   クリスマス
  2015年 9月号   注力したいプティ・フール・セック ハロウィンの小菓子
  2015年 8月号   デセール
  2015年 7月号   ヘルシー素材を使って
  2015年 6月号   フルーツの魅力を引き出す 〜南国系フルーツ
  2015年 5月号   ゲル化剤を活用する
  2015年 4月号   第14会クープ・デュ・モンド/世界に誇る日本の菓子づくり
完売 2015年 3月号   油脂の活かし方/第52回技能五輪全国大会
完売 2015年 2月号   フルーツの魅力を引き出す〜レモン、ライム
完売 2015年 1月号   おやつ菓子の工夫 / 第3回スイーツコンテスト / ROLL-1グランプリ
完売 2014年 12月号   変わらぬ魅力 ドイツ菓子
完売 2014年 11月号   チョコレート・ケーキ 〜カカオにこだわる
完売 2014年 10月号   クリスマスあれこれ
完売 2014年 9月号   今、売りたい焼き菓子
完売 2014年 8月号   ナッツ 〜加工と応用
完売 2014年 7月号   フルーツの魅力を引き出す~スイカ・メロン /第8回「グラス(氷菓)を使ったアシェットデセール・コンテスト」
完売 2014年 6月号   第14回「クープ・デュ・モンド」国内選考会 / 第16回 世界ジュニア製菓技術者コンクール2014 台湾大会 / パティスリーのワッフル、ゴーフル
完売 2014年 5月号   フルーツの魅力を引き出す〜ベリー系フルーツ
完売 2014年 4月号   油脂の活かし方/第52回技能五輪全国大会
完売 2014年 3月号   ビスキュイの応用/第51回技能五輪全国大会
完売 2014年 2月号   フルーツの魅力を引き出す~西洋梨、日本梨
完売 2014年 1月号   アントルメの価値/第2回スイーツコンテストROLL-1グランプリ
完売 2013年 12月号   リンゴとお菓子の出合い/第16回「世界ジュニア製菓技術者コンクール台湾大会」日本予選
完売 2013年 11月号   チョコレート、味わいの変化
完売 2013年 10月号   クリスマスから年末年始の祝い菓子
完売 2013年 9月号   パティシエの素材づくり
完売 2013年 8月号   チーズをどう活かすか
完売 2013年 7月号   私が注目する、製菓の素材/第7回グラスを使ったアシェットデセールコンテスト
完売 2013年 6月号   夏に食べたいお菓子
完売 2013年 5月号   海外で何を学ぶか/第7回ワールド・ペストリー・チーム・チャンピオンシップ国内予選
完売 2013年 4月号   第13回クープ・デュ・モンド/パティスリーの差別化〜集客・販促のヒント
完売 2013年 3月号   卵白の特性とメレンゲの使い方
完売 2013年 2月号   イチゴ、フレーズ、ストロベリー/第15回ジュニア製菓技術者コンクールブラジル大会
完売 2013年 1月号   大豆の恵み、ソイ・スイーツ/第1回スイーツコンテストROLL-1グランプリ/第50回技能五輪全国大会
完売 2012年 12月号   もっと気軽に、パティスリーのパン
完売 2012年 11月号   ボンボン・ショコラ/ヴァンドゥーズ認定試験
完売 2012年 10月号   ビュッシュ・ド・ノエルの魅力/第6回WPTC
完売 2012年 9月号   秋の訪れ〜芋・栗・カボチャ・豆
完売 2012年 8月号   お菓子を守る保存と保管
完売 2012年 7月号   発酵乳製品〜ヨーグルト、チーズ、サワークリーム/第6回グラスを使ったアシェットデセールコンテスト
完売 2012年 6月号   サレ 〜塩味の活かし方/第13回「クープ・デュ・モンド」国内選考会
完売 2012年 5月号   海外の洋菓子ブランド日本進出/第15回「世界ジュニア製菓技術者コンクールブラジル大会」日本予選
完売 2012年 4月号   ドゥミ・セック
完売 2012年 3月号   お酒、糖分の役割と素材の組み合わせ
完売 2012年 2月号   タルト、タルトレット、フランの魅力
完売 2012年 1月号   洋菓子へと広がる米粉
完売 2011年 12月号   コンフィチュールと焼き菓子
完売 2011年 11月号   贈るチョコレート
完売 2011年 10月号   クリスマスのためのプティ・ガトー
完売 2011年 9月号   イーストのお菓子
完売 2011年 8月号   ハーブ・お茶/第5回グラスを使ったアシェットデセール・コンテスト
完売 2011年 7月号   PCG創立50周年記念特別増大号「ヨーロッパのお菓子」
完売 2011年 6月号   贈るお菓子の提案
完売 2011年 5月号   フィユタージュを考える
完売 2011年 4月号   第12回クープ・デュ・モンド
完売 2011年 3月号   フルーツ・ピューレ、ドライフルーツ
完売 2011年 2月号   M.O.F.フランク・フレッソン氏による現代フランス製菓技術講習会(下)
完売 2011年 1月号   M.O.F.フランク・フレッソン氏による現代フランス製菓技術講習会(上)
完売 2010年 12月号   風土が育むチョコレートの個性
完売 2010年 11月号   パティシエと生産農家
完売 2010年 10月号   冬のシーズンを祝う
完売 2010年 9月号   世界のお菓子を巡る 〜北欧の食文化
完売 2010年 8月号   世界のお菓子を巡る 〜イングリッシュテイスト
完売 2010年 7月号   世界のお菓子を巡る 〜アジアの香り/第4回グラスを使ったアシェットデセール・コンテスト
完売 2010年 6月号   冷たいお菓子/第14回ジュニア製菓技術者コンクール2010ハンガリー大会
完売 2010年 5月号   中東欧のお菓子/第12回「クープ・デュ・モンド」国内選考会
完売 2010年 4月号   クリームのバリエーションとお菓子
完売 2010年 3月号   エコロジー 〜食材、包材
完売 2010年 2月号   春のお菓子〜イチゴ、サクラ、春野菜
完売 2010年 1月号   シェフと若手達
完売 2009年 12月号   ホワイトチョコレート
完売 2009年 11月号   フランス地方菓子の魅力/第14回「世界ジュニア製菓技術者コンクールハンガリー大会」日本予選
完売 2009年 10月号   クリスマス 〜デコレーションケーキと冬のディスプレイ
完売 2009年 9月号   秋の味覚 〜旬の素材をさまざまに活かす
完売 2009年 8月号   アーモンド マジパンの基礎と応用
完売 2009年 7月号   デセール/第3回アシェットデセールコンテスト
完売 2009年 6月号   夏のお菓子 〜ヴェリーヌ、セミフレッド
完売 2009年 5月号   定番菓子を再構築する
完売 2009年 4月号   第11回クープ・デュ・モンド
完売 2009年 3月号   オーストリアの菓子
完売 2009年 2月号   セバスチャン・ブイエ氏による現代フランス製菓技術講習会 大阪
完売 2009年 1月号   セバスチャン・ブイエ氏による現代フランス製菓技術講習会 東京
完売 2008年 12月号   生地の役割/第3回豆を用いた和洋菓子コンテスト
完売 2008年 11月号   ミルクチョコレート
完売 2008年 10月号   クリスマスを飾るコンフィズリー
完売 2008年 9月号   新しい素材、注目の素材を加工する
完売 2008年 8月号   プティフール・セック
完売 2008年 7月号   第13回国際ジュニア製菓技術者コンクール ポルトガル大会/第2回アシェットデセールコンテスト
完売 2008年 6月号   ゲル化剤を使いこなす/第11回「クープ・デュ・モンド・デュ・モンド」国内選考会
完売 2008年 5月号   日本の柑橘
完売 2008年 4月号   パティスリーで展開するサロン
完売 2008年 3月号   パティシエがつくるヴィエノワズリー
完売 2008年 2月号   パータ・ケイク 〜カトルカールからカップケーキまで
完売 2008年 1月号   パティスリーの現在と将来
完売 2007年 12月号   チョコレートのお菓子/第2回豆を用いた和洋菓子コンテスト
完売 2007年 11月号   フランスの地方菓子/第13回「国際ジュニア製菓技術者コンクールポルトガル大会」日本予選
完売 2007年 10月号   クリスマス菓子のアレンジとエピスリー
完売 2007年 9月号   収穫祭のお菓子
完売 2007年 8月号   味覚のデザイン
完売 2007年 7月号   イタリアのお菓子/第1回アシェットデセール・コンテスト
完売 2007年 6月号   夏の味覚 トロピカルフルーツ
完売 2007年 5月号   ウェディングとお祝いのお菓子
完売 2007年 4月号   第10回クープ・デュ・モンド
完売 2007年 3月号   花のお菓子
完売 2007年 2月号   パティスリーのホームページ
完売 2007年 1月号   日常の道具
完売 2006年 12月号   カカオの魅力
完売 2006年 11月号   お菓子に生かす野菜の個性/第1回豆を用いた和洋菓子コンテスト
完売 2006年 10月号   Noel 2006
完売 2006年 9月号   りんごのお菓子
完売 2006年 8月号   氷彫刻
完売 2006年 7月号   夏のグラスリー
完売 2006年 6月号   チーズケーキ・再発見/第10回クープ・デュ・モンド国内選考会
完売 2006年 5月号   パティシエールの現在/第12回国際ジュニア製菓技術者コンクールドイツ大会
完売 2006年 4月号   マカロン
完売 2006年 3月号   素材の基礎・油脂とバター
完売 2006年 2月号   トレトゥールと塩味のお菓子/第43回技能五輪大会(山口県)
完売 2006年 1月号   行事とアニバーサリーのお菓子/洋菓子の本
完売 2005年 12月号   チョコレート
完売 2005年 11月号   ガレット・デ・ロワ/アーモンド
完売 2005年 10月号   クリスマスと冬のギフト
完売 2005年 9月号   スペイン菓子の伝統とモダン
完売 2005年 8月号   素材のパワーを生かす
完売 2005年 7月号   ヴァンドゥーズ
完売 2005年 6月号   生クリーム/第3回ワールド・ペストリー・チーム・チャンピオンシップ日本予選
完売 2005年 5月号   焼き菓子
完売 2005年 4月号   第9回クープ・ド・モンド
完売 2005年 3月号   和素材を使った菓子
完売 2005年 2月号   アルノー・ラレル氏による現代フランス製菓技術講習会〈下〉
完売 2005年 1月号   アルノー・ラレル氏による現代フランス製菓技術講習会〈上〉
完売 2004年 12月号   チョコレート
完売 2004年 11月号   天然酵母/ガレット・デ・ロワ
完売 2004年 10月号   クリスマス/第2回ワールド・ペストリーチーム・チャンピオンシップ
完売 2004年 9月号   素材を考える〜小麦粉〜/製菓学校
完売 2004年 8月号   独立
完売 2004年 7月号   東京新スポットのパティスリー
完売 2004年 6月号   夏のお菓子/第9回クープ・ド・モンド・国内予選
完売 2004年 5月号   ヨーロッパ研修旅行
完売 2004年 4月号   パーターシュー/京都・滋賀の菓子店
完売 2004年 3月号   ガストン・ルノートル氏の功績
完売 2004年 2月号   製菓素材としての酒/こどものための味覚教室
完売 2004年 1月号   菓子のデザイン/コンフィズリーの基礎技術
完売 2003年 12月号   チョコレート/スペインアーモンドを訪ねる旅
完売 2003年 11月号   ドイツ菓子
完売 2003年 10月号   クリスマス
完売 2003年 9月号   海外研修
完売 2003年 8月号   タルト
完売 2003年 7月号   プディング
完売 2003年 6月号   MOFニコラ・ブッサン氏による製菓技術講習会/氷菓の基礎
完売 2003年 5月号   チーズを使った菓子/熊本の菓子店
完売 2003年 4月号   第8回クープ・ド・モンド世界大会/第11回シラ国際外食産業見本市
完売 2003年 3月号   製菓素材の基礎知識
完売 2003年 2月号   レストランのパティシエ
完売 2003年 1月号   製菓素材としての野菜とハーブ
完売 2002年 12月号   チョコレート
完売 2002年 11月号   ガレット・デ・ロワと新年を祝う菓子
完売 2002年 10月号   シュトーレン
完売 2002年 9月号   ガトー・ド・ヴォワイヤージュ
完売 2002年 8月号   シェフ・素材の使いこなし
完売 2002年 7月号   フリュイ・ルージュ
完売 2002年 6月号   ハチミツ
完売 2002年 5月号   型/第8回クープ・ド・モンド国内選考会
完売 2002年 4月号   食物アレルギー 〜消費者の健康と菓子作り〜
完売 2002年 3月号   行事菓子の可能性 〜paquesの定着を目指して〜
完売 2002年 2月号   トレトゥ-ル
完売 2002年 1月号   第36回技能五輪国際大会/チョコレート
完売 2001年 12月号   エル・ブジ〜アシェット・デセールの最先端
完売 2001年 11月号   ガレット・デ・ロワ〜素材を考える
完売 2001年 10月号   クリスマスに演出する個性
完売 2001年 9月号   ノワ・ノワゼット・ピスターシュ
完売 2001年 8月号   福岡
完売 2001年 7月号   欧州研修旅行
完売 2001年 6月号   ゼラチン
完売 2001年 5月号   全日本洋菓子工業会創立40周年記特別号 第5回メートル・ド・パティシエ世界選手権大会(ドイツ菓子店最新事情)
完売 2001年 4月号   第7回クープ・ド・モンド
完売 2001年 3月号   春のお菓子
完売 2001年 2月号   イジニオ・マッサ-リ氏によるイタリア菓子講習会[後編]
完売 2001年 1月号   イジニオ・マッサ-リ氏によるイタリア菓子講習会[前編]
完売 2000年 12月号   チョコレート ―完売
完売 2000年 11月号   2001年のガレット・デ・ロワ
完売 2000年 10月号   ビュッシュ・ド・ノエル
完売 2000年 9月号   パソコンのすすめ/栗のお菓子
完売 2000年 8月号   仙台
完売 2000年 7月号   プラスαの焼き菓子
完売 2000年 6月号   フリュイ・コンフィ
完売 2000年 5月号   フランス職人同業組合(コンパニオナージュ)に見る職人意識
完売 2000年 4月号   スパイス
完売 2000年 3月号   イチゴのお菓子
完売 2000年 2月号   2000年のお菓子〈後編〉〜次代のパティシエに求められること〜/技能オリンピック
完売 2000年 1月号   2000年のお菓子〈後編〉〜洋菓子発展の軌跡をたどる〜
完売 1999年 12月号   アーモンド/バレンタインデーの再考
完売 1999年 11月号   ガレット・デ・ロワを売る
完売 1999年 10月号   12月・新年の菓子作りを見直す
完売 1999年 9月号   ヴァンドゥーズ(販売員)
完売 1999年 8月号   糖類の基礎と使い方
完売 1999年 7月号   神戸 ―完売
完売 1999年 6月号   ヴィエノワズリー
完売 1999年 5月号   エマルジョン(乳化)
完売 1999年 4月号   ビスキュイ
完売 1999年 3月号   アプランティ(見習い)へのメッセージ
完売 1999年 2月号   カール・シューマッハ氏による現代オーストリア菓子〈後編〉
完売 1999年 1月号   カール・シューマッハ氏による現代オーストリア菓子〈前編〉
完売 1998年 12月号   日本で活躍するフランス人パティシエ、料理人たち
完売 1998年 11月号   国際コンクール日本代表選手による講習会(4)安藤明氏編
完売 1998年 10月号   伝統的クリスマスに学ぶ
完売 1998年 9月号   国産の製菓素材を見直す
完売 1998年 8月号   ピエールエルメ氏の世界
完売 1998年 7月号   国際コンクール日本代表選手による講習会(3)稲村省三氏編
完売 1998年 6月号   ベルギーの菓子
完売 1998年 5月号   お菓子と飲み物
完売 1998年 4月号   道具の活用
完売 1998年 3月号   国際コンクール日本代表選手による講習会(2)及川太平氏編
完売 1998年 2月号   国際コンクール日本代表選手による講習会(1)後藤順一氏編
完売 1998年 1月号   製菓業界の未来を語る
完売 1997年 12月号   バレンタインデーとホワイトデー
完売 1997年 11月号   フィユタージュ探求
完売 1997年 10月号   焼き菓子で祝うクリスマス
完売 1997年 9月号   イギリスのお菓子
完売 1997年 8月号   カジュアル・ウエディングの需要に応える
完売 1997年 7月号   チーズを使いこなす
完売 1997年 6月号   夏のプラスワンアイテムを考える
完売 1997年 5月号   女性パティシエの働く現場
完売 1997年 4月号   製菓副素材が発揮する個性
完売 1997年 3月号   和素材を使ったお菓子
完売 1997年 2月号   現代フランス製菓技術大講習会(2)
完売 1997年 1月号   現代フランス製菓技術大講習会(1)講師:ヤニック・ルフォール
完売 1996年 12月号   チョコレートを使いこなす
完売 1996年 11月号   菓子の食感を伝える
完売 1996年 10月号   クリスマス’96