UP

業界情報

Market Information

2020-03-04

NEW

速報 第9回コッパ・デルモンド・デラ・ジェラテリア(ジェラートワールドカップ)
日本代表チームが準優勝

1月18日(土)~22日(水)イタリア・リミニで開催された国際展示会SIGEPのイベントとして開催された、9th Coppa del Mondo della Gelateria(コッパ・デルモンド・デラ・ジェラテリア:伊語)が1月19日(日)~21日(火)の3日間の日程で行われた。この大会は、ジェラート職人、パティシエ、キュイジニエ、氷彫刻担当の4名がチームを結成し、6つの味覚課題とアメ細工ピエスモンテならびに氷彫刻、フルーツ入り氷のオブジェを製作し、ビュッフェテーブルを完成させる。大会では11ケ国の代表が一堂に会し競技が行われた(ハンガリー代表が欠場)。
日本からはアジア予選を経た望月完次郎氏率いる帝国ホテルチームが日本代表として出場し、見事準優勝を果たした。開催国のイタリアチームが優勝し、3位にはアルゼンチンチームが入賞した。
部門賞では、赤羽目健悟氏が氷彫刻部門で最優秀賞を受賞。また、作業・衛生面で優れたチームを表彰するCarlo Pozzi賞が日本チームに授与された。
※詳しくは、PCG4月号にて掲載します

■開催結果
優勝:イタリア共和国
準優勝:日本(監督:望月完次郎/帝国ホテル東京 以下同、選手:松尾直幹、西川広三、松永健一、赤羽目健悟)
第3位:アルゼンチン

<クリックすると拡大されます。>

2020-03-04

NEW

明治 『明治ブルガリアヨーグルト シェフクリエ』 好評発売中!
~水切り不要の製菓・製パン向けヨーグルト~

当工業会賛助会員の株式会社 明治(松田克也代表取締役社長/東京都中央区)の『明治ブルガリアヨーグルトLB81 プレーン シェフクリエ』(以下:シェフクリエ)が注目を集めている。
『シェフクリエ』は、「明治ブルガリアヨーグルト」をプロ向けに調理素材として加工した発酵乳(ヨーグルト)。豊かなコクとすっきりとした酸味を併せ持ち、クリームチーズのようなしっかりとした硬さ(従来の発酵乳と比べると乳固形分も約1.5倍/同社比)があり、離水の少なさも大きな特徴だ。
クリーミーで濃密な味わいは、クリームチーズの一部と置き換えてチーズケーキに使用することで、チーズだけでは表現できないコクのある美味しさはもちろん、LB81乳酸菌がもたらすヘルシーさも訴求できる。
近頃人気が再燃している「チーズケーキ」や、旬を迎えた柑橘類、これから出回るベリー類との相性は抜群なので、是非『シェフクリエ』を活用して、ショーケースに新しい季節感やヘルシー感をクリエーションして欲しい。

<クリックすると拡大されます。>

■問合せ:(株)明治 TEL.03-3273-0733(本社)

2020-03-04

NEW

中沢乳業 『Nショコラティエ』 好評発売中!
~乳業メーカーならではの“乳化”加工されたチョコレートベース~

当工業会賛助会員の中沢乳業株式会社(中澤謙次代表取締役社長/東京都港区)が昨年6月に発売した『Nショコラティエ』が話題となっている。
本品は、ベルギー製のクーベルチュール(ダークとミルク2種類のミックス)に、北海道産のフレッシュクリームを贅沢に合わせたプロのためのチョコレートベース。クーベルチュールを配合の50%以上使用して、北海道産の35%フレッシュクリームと合わせたミルキーな美味しさが好評を博しており、さらに、冷蔵庫で解凍してすぐにピローから出せる柔らかさ(牛乳や生クリームに溶け易い)と、乳化作業が不要の作業性の良さが時短にも繋がり、誰でも簡単にプロの味を実現できる。
生クリームを加えて作る「シャンティイ・ショコラ」を始め、リキュールを加えて「トリュフ」や「ボンボン・ショコラ」のセンターに、生地に練り込んで「ガトーショコラ」や「パウンドケーキ」、さらに「ソフトクリーム」等々、チョコレート菓子全般に幅広く活用できる。
※PCG2019年12月号(P.31)に関連記事を掲載しています。

<クリックすると拡大されます。>

■トリュフチョコレート(N ショコラティエ使用) の配合例
N ショコラティエ・・・・1000g
好みのリキュール類 ・・50~60g

  1. Nショコラティエを38~40℃に溶かす。
  2. 好みのリキュールを少しずつ加えてバーミックスで整える。
  3. つやのある滑らかな状態になったらバットに流して冷やす。
  4. 適度な固さになったら丸く絞って冷蔵庫で冷やし固める。
  5. 手のひらで丸めながらココアをまぶして仕上げる。

<クリックすると拡大されます。>

■問合せ:中沢乳業(株) 東京統括オフィス  TEL.03-6436-8800

2020-03-04

NEW

カリフォルニア・レーズン協会 2019/2020年度対日マーケティング活動
~カリフォルニア・レーズンに関する情報発信~

カリフォルニア・レーズン協会は、2019/2020年度の対日マーケティング活動計画を発表した。主な活動内容は以下の通り。

■業界向けコンテスト、セミナー&サポート活動
◎第28回カリフォルニア・レーズン ベーカリー新製品開発コンテスト(募集:2020年2~4月)
毎回200近い応募がある、ベーカリー業界恒例のコンテスト。受賞者は2020年秋に実施予定のカリフォルニア研修旅行が贈られる。第27回コンテストのレシピブック希望者は協会まで。
※本誌広告欄(P.96)に関連情報を掲載
◎製パン技術セミナー(2020年4月)
今年度は製粉メーカーとのタイアップセミナー等を計画中。主要3都市での開催を予定。セミナーでは、「ナチュラルな食事パン」や「プレミアムパン」などを訴求する。
■消費者関連PR活動
◎第14回全国高校生パンコンテストへの協賛
◎スポーツイベントや消費者イベントへの協賛
◎ソーシャルメディア活動
◎カリフォルニア・レーズン キャンペーン(2020年春)

■問合せ:カリフォルニア・レーズン協会 e-mail:info@raisins-jp.org

2020-03-04

NEW

ルビーチョコレート
消費者向けバレンタイン商品発表会を開催

バリーカレボージャパン株式会社は、1月9日(木)にベルギー大使館にて、ルビーチョコレートの消費者向けバレンタイン商品の発表会を実施した。
はじめに駐日ベルギー王国大使のロクサンヌ・ドゥ・ビルデルリング氏が挨拶し、次にバリーカレボージャパン株式会社代表取締役社長のパスカル・ムルメステール氏が、ルビーチョコレート市場のこれまでの動きと今後の展開について「ホワイトチョコレートの登場から80年ぶりに第4のチョコレートとしてルビーチョコレートが誕生し、職人や食品メーカーの方に革新的なチョコレートであることを認知いただき、さらに日本のトレンディ―な消費者が注目した事により、日本の地でサクセスストーリーが始まりました」と述べ、合わせて同社高崎工場にてルビーチョコレートが製造開始したことを報告した。
続いて、7社の代表による商品紹介が行われた。㈱エーデルワイスでは、ヴィタメールとアンテノールの2ブランドで販売する生菓子・焼き菓子を紹介した。
その後会場を移し、バレンタインを盛り上げるルビー色の各アイテムの試食が行われた。会場は大勢のプレス関係者で賑わい、ルビーチョコレートへの関心の高さが伺えた。

<クリックすると拡大されます。>

PCGページ
レシピページ
書籍販売ページ
sigep
sigep
sigep
aperitif
grandpatissier
cakechef
boulanchef
cakepia