UP

業界情報

Market Information

2022-06-06

NEW

一般社団法人 全日本ヴァンドゥーズ協会
第10回 ヴァンドゥーズ認定試験(東京会場)のお知らせ

 一般社団法人全日本ヴァンドゥーズ協会(稲村省三会長)は、3年振りとなる第10回ヴァンドゥーズ認定試験を開催する(後援:一般社団法人日本商業ラッピング協会)。
 認定試験には、商業ラッピング3級検定試験の合格と2年の実務経験が必要(今年の商業ラッピング3級検定試験は5月24日(火)に事前講習、6月7日(火)に検定試験を実施)。既に商業ラッピング3級以上を取得している人は、(一社)全日本ヴァンドゥーズ協会へ直接申し込みのこと。

■第10回ヴァンドゥーズ認定試験
主催:一般社団法人全日本ヴァンドゥーズ協会
日程:第1次試験 7月5日(火) 10:30~11:30 筆記試験
                12:30~16:30 販売実技講習
   第2次試験 7月26日(火)10:30~15:00 販売実技試験
                15:00~17:00 認定式、記念撮影、懇親会
会場:赤堀製菓専門学校
住所 東京都豊島区目白3-1-31 Tel. 03-3953-2251
申込締切:6月20日(月)

問合せ:一般社団法人全日本ヴァンドゥーズ協会 TEL. 03-5842-1617

2022-06-06

NEW

日清製粉 コーポレートサイトを新たに開設~業務用小麦粉に関する情報を発信~

 当工業会賛助会員で、日清製粉グループの日清製粉株式会社(山田貴夫社長/東京都千代田区)は、今年1月18日(火)コーポレートサイトを開設。業務用小麦粉に関する情報を発信している。
 日清製粉(株)は、かねてより会員制Webサイト『創・食Club』にて業務用の顧客に製品やレシピ、トレンド等の情報提供を行ってきたが、ユーザーとより広い接点を持ち、今後、小麦粉関連業態を検討される人々にも情報を届けるため、コーポレートサイトを開設した。
 同サイトでは製品情報や安全・安心への取り組みなどを掲載し、日清製粉について広く知ってもらうための情報を提供している。また本サイトを通じて、同社製品に興味を持った人に対しては、更に充実した情報が掲載されている『創・食Club』を紹介する役割も果たしている。

<クリックすると拡大されます。>

■日清製粉コーポレートサイト
URL:https://www.nisshin-seifun.com/
内容:企業情報、商品情報、安全・安心への取り組みについて 他
参考:会員制Webサイト「創・食Club」URL:https://www.e-sousyoku.com/
※『創・食Club』は、同社と原材料メーカーが一丸となって、製パン・製菓・製麺・外食企業様など小麦粉二次加工業に従事している人々へ、ビジネスに役立つ情報を発信している。

2022-06-06

NEW

菓子需要喚起キャンペーン「お菓子とわたし 作文コンテスト」令和3年度優秀作品発表
~お菓子はみんなの心と体を元気にするよ!~

 全日本菓子協会(川村和夫会長/東京都港区)は3月31日(木)、令和3年度の「菓子需要喚起キャンペーン」の一環として実施している『お菓子とわたし 作文コンテスト』の入賞作品を発表した。
 「菓子需要喚起キャンペーン」では、平成21年度から小中学生を対象に「作文コンテスト」を実施しており、小中学生から菓子をテーマにした作文を募り、作文能力・表現力の向上につなげるとともに、菓子が心と体を元気にすることや、菓子が生活に密接に関わっていることを実感してもらうことを目的としている。
 コロナ禍が長引く中、令和3年度の応募作品数は31,246作品。審査の結果、小学生部門では「ひとつぶのアメ」(小3/北海道)、中学生部門は「お菓子がつくる笑顔の架け橋」(中2/新潟県)がそれぞれ最優秀賞に選ばれた。優秀賞には小学生・中学生からそれぞれ10作品が選ばれた。
 最終審査の審査委員はタレントで、ユニセフ・アジア親善大使でもあるアグネス・チャンさん。全ての入賞作品は「お菓子ナビ.com」(https://www.okashi-navi.com/)で公表している。

<クリックすると拡大されます。>

■小学生の部 最優秀賞 
「ひとつぶのアメ」 北海道 小学校3年
 一月と二月の日曜日。この日は、とくべつなアメをもらえる。
それは、スキー教室の休けいの時、先生からもらうアメだ。い
つものスーパーで買えるアメ。家で食べているアメ。友だちから
もらったアメ。同じアメでもぜんぜんちがう。
 しゃ面を歩いて何回ものぼったぶん。リフトにすわる時、おり
る時のドキドキしたぶん。ふぶきで顔に雪があたって真っ赤にな
ったぶん。手ぶくろの中で手がカチンコチンにつめたくなったぶ
ん。もうすべりたくないと思ったぶん。
 スキーをして感じたわたしの気持ちが全部アメにつまっている。
だから、ほかのアメとくらべてうーんとあまいんだ。なめるたび
に、さむさとつらさをゆっくりとかしてくれる。心がポカポカあ
ったかくなってきた。
 よし!休けい終りょう。ぐんぐんすべるぞ。

■中学生の部 最優秀賞
「お菓子がつくる笑顔の架け橋」 新潟県 中学校2年
 私の家でお菓子は、家族をつなげる小さな架け橋となっている。
私の両親は、日によって家に帰ってくる時間が違う。そのため、
家族全員で食事をするのは週に一度くらいだ。家族の会話を楽し
むことができる食事の時間は、私たちにとってとても貴重な時間
だ。
 これが、コロナウイルスが流行する前の私たちの生活である。
ところが、コロナウイルスが流行したことによって家族全員で食
事ができなくなった。介護士をしている母が、少しでも高齢者の
感染リスクを減らすために、私と父が食事をしているときは別室
にいるようになったのだ。家族で顔を合わせることが少ない我が
家にとって、家族そろっての食事ができなくなった影響は大きか
った。感染が拡大し、いつ家に帰れるのか分からない日が増えた
母は、私たちと同じものを食べることも少なくなっていった。
 そんなある日、ダイニングテーブルの上にかわいい箱が置いて
あった。中を見ると、色とりどりの小さなお菓子が入っていた。
お菓子は一つ減っていた。誰か先に食べたのだろうか。私はなん
となく、それを口に入れた。ふんわり甘くておいしかった。
「それ、仕事でもらったの。おいしいよね」。珍しく早く帰って
いた母が言った。どうやら母が先に食べたらしい。思っていたよ
り元気そうな母を見て安心していると、父が帰ってきた。父もお
菓子を口に入れ、「おいしい。」とつぶやいた。久しぶりに家族
全員で同じものを食べて、それについて話した。それだけのこと
なのに、自分でも驚くぐらい嬉しかった。
 嬉しかったのは私だけではなかったのか、その日から私の家に
お菓子コーナーができた。家族をつなげる小さな架け橋は、ひっ
そりと、しかし確実に、私の家にある。

2022-06-06

NEW

カリフォルニア・レーズン協会 カリフォルニア・レーズン 製菓・製パン実演セミナー
~カリフォルニア・レーズンは完全無添加の自然食品~

 カリフォルニア・レーズン協会(ジェフリー マクニール駐日代表)は、「カリフォルニア・レーズン 製菓・製パンセミナー」を3月23日(水)と29日(火)の2日間、コロナ禍に鑑みて、リモートと別会場からの中継を組み合わせて開催した(後援:アメリカ大使館農産物貿易事務所)。
 29日に開催された製菓セミナーでは、東京・水天宮の人気パティスリー「オクシタニアル」のパティシエールで、「ル・モンディアル・デ・ザール・シュクレ2010」で優勝し、チーズソムリエ、美健康食マイスターでもある中山理絵氏が担当し、「カリフォルニアンクッキー」など5品について、デモンストレーションを交えて講習した。
講習に先立っては、カリフォルニア・レーズンの歴史と共に、カリフォルニア・レーズンがぶどう栽培に最適な広大なぶどう畑で天日干しされたナチュラルで安全なドライフルーツ(完全無添加の自然食品)である事などが動画で説明された。
 講習では、レーズンの漬け込みに黒ビールを用い、スパイスを多用するなど、今までとは一味違う新しいカリフォルニア・レーズンの美味しさを提案。また、株式会社J-オイルミルズの協賛により、「ビオバター」(※)を用いた、プラントベースのみを素材にした製品も紹介された。

※:「Violife(ビオライフ)植物生まれのビオバター」。ココナッツオイルを使用し、乳原料&アレルギー特定原材料28品目不使用の油脂。 問合せ:(株)J-オイルミルズ油脂加工品事業部 マーケティンググループ e-mail. Violife-info@j-oil.com

講師を務めた中山理絵氏とアシスタントとして活躍した、ご主人でシェフの中山和大氏(本誌編集委員)。セミナー終了後には「レーズンの美味しさを引き出すために尽くしました」(理絵氏)、「ビオバターは、バターの代替と思わずに、新しい素材と捉えた方が、可能性が広がります」(和大氏)とそれぞれコメントした

<クリックすると拡大されます。>

<クリックすると拡大されます。>

<クリックすると拡大されます。>


カリフォルニア・レーズン・ブレッド(7本分) 
 

    カリフォルニア・レーズン・・・・・・230g
    セミドライアプリコット・・・・・・・120g
    ドライクランベリー・・・・・・・・・50g
    アーモンド・スリーバード・・・・・・80g
【a】  グラニュー糖・・・・・・・・・・・・45g
    シナモン・・・・・・・・・・・・・・2g
    ナツメグ、クローブ、コリアンダー・・・各0.5g
    ジンジャー・パウダー・・・・・・・・2g
    キルシュ・・・・・・・・・・・・・・100g
薄力粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・85g

① aを混ぜ合わせて3日間寝かせる。
② 薄力粉を加えて100gずつに分割し、180℃で25分~焼成する。
③ 粗熱が取れたらラップに包み、冷蔵庫で寝かせる。
 

カリフォルニア・レーズンサンド(8個分)
 

シロップ(※)
 グラニュー糖・・・・・・・・135g
 水・・・・・・・・・・・・・50g
 レーズン濃縮果汁・・・・・・50g
〇 材料を鍋に入れて沸騰させ、火を止めて冷ます。
 
漬け込みレーズン
 カリフォルニア・レーズン・・・・・200g
 水・・・・・・・・・・・・・・・・適量
 シロップ(※)・・・・・・・・・・60g
 グラニュー糖・・・・・・・・・・・60g
 コニャック・・・・・・・・・・・・30g
① 洗ったレーズン、グラニュー糖、ひたひたの水、シロップを鍋に入れ、レーズンが膨らむまで炊く。
② 火を止め、コニャックを加えて冷ます。
 
パート・サブレ

  Violifeビオバター・・・・・・・90g
a  グラニュー糖・・・・・・・・・45g
  食塩・・・・・・・・・・・・・0.8g

b  薄力粉・・・・・・・・・・・・100g
  アマンド・プードル・・・・・・30g

① 柔らかくしたビオバターにaを加えて混ぜ合わせる。
② ①にbを加えて粉気が無くなるまで混ぜ合わせる。
③ 冷蔵庫で休ませ、3㎜厚に延して5×5㎝にカットする。
④ 160℃で15分~焼成する(シルパン使用)。
 
ビオバター・クリーム
 Violifeビオバター・・・・・・・100g
 シロップ(※)・・・・・・・・60g
○ 柔らかくしたバターにシロップを混ぜ合わせ、軽く泡立てる。
 
組立て・仕上げ
① サブレにビオバター・クリームを絞って漬け込みレーズンをのせ、もう一枚のサブレで挟む。
② 水玉模様のステンシルでデコール用の粉糖を振る。

<クリックすると拡大されます。>

■問合せ:カリフォルニア・レーズン協会 e-mail. info@raisins-jp.org
URLL. https://raisins-jp.org

2022-06-06

NEW

NPO法人チャリティーサンタ こどもの誕生日の調査結果を発表 「『子どもの体験格差』がコロナ禍で拡大」
~困窮家庭は3割がプレゼントを諦め、 2割がケーキを諦めている~

 「子どもたちに愛された記憶を残すこと」をミッションとして、「子どものために大人が手を取り合う社会」を目指して活動を展開する特定非営利活動法人(NPO法人)チャリティーサンタ(清輔夏輝代表理事/東京都千代田区)(※)は、同法人が関わる子育て家庭2,994世帯に対して、「Withコロナ時代における困窮家庭の子どもの『体験格差』について」の調査を昨年10月~12月に実施した。
 調査結果は「困窮する子育て家庭(以下「困窮家庭」)」2,118世帯と、「それ以外の子育て家庭(以下「一般家庭」)」876世帯に分け、両者を比較することでコロナ禍における「子育て家庭の格差」とそれに応じた「子どもの体験の格差」(困窮家庭の55%は昨年クリスマスプレゼント無し等)を明らかにしたが、今回はその第二弾として、「子どもの誕生日について」を中心に確認した内容を発表した。
 本調査の目的は、①「新型コロナの慢性化に伴う、困窮世帯の家庭の状況を明らかにするとともに、子どもの体験の不足感や保護者の喪失感の状態を確認する」、②「『子どもの体験や思い出』を支援する団体として、今後の活動の指標となる数値を調査する。特に『子どもの誕生日』について確認する」としている(以下に調査結果の抄録を掲載)。

※:2008年に活動を開始し、2014年にNPO法人化を果たした。全国30都道府県42支部で行う「サンタクロースの訪問活動」をはじめ、全国500書店と協働する「ブックサンタ」、全国の困窮する子どもを支援する団体とのネットワークづくりなど多岐にわたって活動している。

<クリックすると拡大されます。>

■困窮家庭は一般家庭に比べて誕生日は外で過ごせていない。さらに子どもが増えるとプレゼントの準備も苦に
「お子さんの誕生日について、行ったもの・準備したものを教えて下さい」という設問では、「レジャーなどのお出かけ」「外食」「(家庭内での)特別な食事」において、家の外での過ごし方に、困窮家庭と一般家庭の差が顕著にあらわれた。プレゼントについては、困窮家庭では、子どもの人数が増えるほど準備できなくなる傾向にある一方、一般家庭は人数による影響は見られなかった。また、困窮家庭の約5%が誕生日を一切祝っていないと答えているのに対して、一般家庭は0.6%と約10倍の差が出ている。

■誕生日ケーキは困窮家庭・一般家庭ともに何よりも優先して準備するものという様子が浮き彫りに
こどもの誕生日に準備したものではどの項目でも困窮家庭と一般家庭において一定の差異があったものの、「ケーキ」は最も差が少なく、苦しい状況においてもケーキだけはなんとか準備しようとしている様子が伺えた。また両方の層において、ケーキは子どもの人数が増えても影響が見られなかった。この結果からもケーキが誕生日で優先されていることがわかった。

■困窮家庭が誕生日の準備で抱く感情は、一般家庭に比べ「切ない」が7倍、「しんどい」が5倍
「お子さんの誕生日を準備する中で、どのような感情になったか」という設問では、困窮家庭は子どもの人数が増えると「楽しい」「嬉しい」は減り、「お金がかかって大変」が増える傾向に。一方、一般家庭では子どもの人数が増えると「楽しい」「嬉しい」が増えることが分かった。特に困窮家庭では、「切ない」が約21%で一般家庭の7倍、「しんどい」は約10%で一般家庭の5倍がそれぞれ感じている。

■洋菓子店等と協力し、困窮家庭に誕生日ケーキを届ける取組を開始
これらの結果を通してチャリティーサンタでは、2022年度は困窮家庭に誕生日ケーキを届ける取組を行っていくとしている。「シェアケーキ」プロジェクトと題し、広く一般の個人・法人から寄付を募った上で、誕生日ケーキの資源にすることで、継続的に広がっていく取組にすることを目指す。昨年より一部店舗で、クローズドでテスト実施中。6月よりクラウドファンディングを行い、提携する洋菓子店も広く募集を開始する予定としている。

■特定非営利活動法人(NPO法人)チャリティーサンタ  TEL. 050-3586-0859
URL:https://www.charity-santa.com/

PCGページ
レシピページ
書籍販売ページ
sigep
sigep
sigep
aperitif
grandpatissier
cakechef
boulanchef
cakepia