UP

業界情報

Market Information

2019-04-03

NEW

第16回 デザート・スイーツ&ベーカリー展 開催迫る!
~4月17日(水)~19日(金) 於:東京ビッグサイト ~

当工業会と株式会社日本食糧新聞社の主催する『第16回 デザート・スイーツ&ベーカリー展』が、4月17日(水)~19日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される。この展示会は、和洋菓子・ベーカリー・中食・外食産業に特化した、食品・食材、機器、容器、専門書等が集結する国内最大級の規模を誇る専門展。
80,000人と予想される来場者の目的は、その6割強が「新しい食材・素材探し」としており、同時開催展との相乗効果で、専門展だけでは出会えない他業種とのマッチングによる更なる情報収集にも役立てることが出来る。
また会場では、全国から選ばれた12名のプロたちが、一皿の上にグラスを組み入れたデザートを製作する『第13回グラス(氷菓)を使ったアシエットデセール・コンテスト』(註1)や『ザ・ペストリー・クイーン 国内予選』(註2)、『第4回 全日本ヴァンドゥーズコンクール』など、専門性・話題性に富んだ多彩なイベントやセミナーの数々が開催される。
なお、同展は『ファベックス2019』『第7回食品&飲料OEMマッチングEXPO』『プレミアム・フードショー2019』『2019食肉産業展』『ワイン&グルメジャパン2019』『2019麺産業展』との同時・合同開催となる。

※PCG本誌広告ページ(P.4)や公式HP(http://www.fabex.jp)も合わせてご参照下さい

■プレゼンテーションステージ(西2ホール特設会場/聴講無料)での予定プログラムの一例

4月17日(水) 4月18日(木) 4月19日(金)
日本流のおもてなし、マニュアルを超えたサービスとは何か。全国のトップ販売員が競う「ホスピタリティ」と「専門技能」腕を競う!
『第4回 全日本ヴァンドゥーズコンクール』

主催:(一社)全日本ヴァンドゥーズ協会
協催:(一社)日本商業ラッピング協会
第1競技 ラッピング技術
テーマ:「新しい慶弔ラッピング」(春の婚礼・引き出物ラッピング及びディスプレイ)
第2競技 接客技術
テーマ:「おもてなしの心をこめた接客」

スケジュール:
ラッピング競技:10:20~11:20
接客技術競技:13:00~14:50
表彰式:15:15~15:55
10:30~11:15
低糖質ベーカリー市場の技術開発動向と将来展望を予測!
日本低糖質パン協会 理事長中塚康雄氏
10:30~11:15
誰にでもできるブランド作り
全国和菓子協会 専務理事 藪光生氏
14:15~15:00
ワンランク上の酒粕スイーツを召し上がれ!パティシエが取り組むフードロスと美味しいお菓子の関係
帝国ホテル東京エグゼクティブペストリーシェフ/Gps club副代表:望月完次郎氏
進行役:(株)ギリー 代表取締役 渡辺幸裕氏
11:45~12:30
大豆の機能性と最新情報~大豆は健康を作る、そのわけは?
女子栄養大学 名誉教授 三浦理代氏
13:00~13:45
次世代の洋菓子店を考える
アカシエ オーナーシェフ 興野 燈氏
15:30~16:15
オ・グルニエ・ドールからの「卒業」と「伝承」。これらの「テーマ」とは
(有)プロジェN代表 西原金蔵氏 聞き手:料理ジャーナリスト 並木麻輝子氏
14:15~15:00
モンディアル・デュ・パン日本代表選手による健康パン/素材の使い方
ブーランジェリー・フリアンド オーナーシェフ 谷口佳典氏
パン焼き場Comme’Nオーナーシェフ 大澤秀一氏

註1:『第13回 グラス(氷菓)を使ったアシエットデセール・コンテスト』
主  催 (協)全日本洋菓子工業会 (株)日本食糧新聞社
特別協賛 カルピジャーニ・ジャパン(株)
協  賛 日仏商事(株)
スケジュール 4月17日(水)競技A:9:30~12:15  競技B: 14:00~16:45
4月18日(木)競技C:10:00~12:45  結果発表と表彰式:15:00~15:40
会  場   西ホール1階アトリウム特設会場

註2:『ザ・ペストリー・クイーン 日本予選』〔4月19日(金)/西ホール1階アトリウム特設会場〕
全国から勝ち抜いた4名のパティシエール(女性パティシエ)が、2020年1月にイタリア・リミニで開催される展示会「SIGEP」会場内で行われる、パティシエールの世界大会「The Pastry Queen(ザ・ペストリー・クイーン)」の日本代表選手を決める国内予選。国内予選の競技内容(予定)は、ヴェリーヌ、アントルメ、アメ細工ピエスモンテのプレゼンテーション(計4時間)。主催:GPS Club。

<クリックすると拡大されます。>

■開催概要

会   期 2019年4月17日(水)~19日(金) 10:00~17:00(最終日は16時まで)
会   場 東京ビッグサイト 西1・2・3・4ホール
入 場 料 4,000円(税込み/業界関係者のみ入場可、招待券持参者、HPからの事前来場登録者は無料)
展示規模 1000社・1600小間(予定/※7展共通 合同開催展を含む)
来場者数 80,000名(予定/※7展共通)
開催テーマ 持続可能な社会の実現と食の未来戦略~「新価値創造」へ多様な挑戦~
主   催 日本食糧新聞社 (協)全日本洋菓子工業会

2019-04-03

NEW

ベルギー大使館 チョコレートデーを開催  ~チョコレートは「素晴らしい人生」の一部~

1月18日(金)東京・麹町の駐日ベルギー大使館にて、ベルギーチョコレートの魅力を紹介する初のイベント『チョコレートデー』が開催された。
イベントの冒頭、ギュンテル・スレーワーゲン駐日ベルギー大使は「美食の国として知られるベルギーは、チョコレート王国としても有名です。子供の頃、私のお弁当にはいつもチョコレートが入っていました。それほどベルギー人にとってチョコレートは身近な存在なのです」と挨拶した。
第一部、日本チョコレート・ココア協会の尾畑氏による講演「簡単なチョコレートの歴史」では、万能薬、あるいは神への捧げ物としてマヤ文明から始まったチョコレートの歴史をひもとき、その後、宮城県川崎町のキャラクター「チョコえもん」(日本人でチョコレートを初めて口にした川崎町生まれの支倉常長に因む)の紹介、バリー・カレボージャパン(株)の押切氏による「ベルギーチョコレートの過去、現在、未来」(※1)、駐日ベルギー大使館・経済部一等書記官による「持続可能なチョコレート」(※2)、ピュラトスジャパン(株)の長瀬氏による「チョコレートをもっと楽しむ」(※3)、箱根小涌園ユネッサンスによる「チョコレート温泉」が紹介された。
第二部では、ベルギーチョコレートの試食・実演並びにチョコレートを使った商品(ビール、スパークリングワイン、美容商品など)の展示・試飲等が行われ、自宅にチョコレート専用の冷蔵庫を持つ程チョコレートが大好きと言うタレントのアンミカさんが登場して、大使とのトークセッションで会場を盛り上げた。

■※1:「ベルギーチョコレートの過去、現在、未来」では、中世まで上流階級のものだったチョコレートが、ムーリスによる国内初のチョコレート工場の建設(1845年)や、ジャックによる初のチョコバーの誕生、ベルギー政府による保護と推進の対策(1899年)、ジーン・ノイハウスJrによるプラリネの考案(1912年)、カレボーによるアルチザン向けのブロック「811」の製造(1918年)等の歴史を通して「ベルギー人の血管にはチョコレートが流れている」と言われるまでに浸透し、現在では九州程の面積の国土に300名(300社)のアルチザンと、大手を含め2000店舗のチョコレート専門店がひしめくチョコレート大国になったと解説。チョコレートについては、ゴールドチョコレート、ルビーチョコレートなど、今後も進化が続き、更に、農家や森林保護を通して持続可能なチョコレート生産の実現に取り組んでいると語られた。
■※2:「持続可能なチョコレート」:ベルギーでは、ベルギーのチョコレートをより持続可能なものにするため、政府、チョコレート業界、非政府組織、大学などが“Beyond Chocolate”のパートナーシップ協定に署名。これにより、カカオ生産者とその家族の生活水準を持続的に向上させるため、児童労働や森林伐採、最低賃金などの様々な課題に取り組み、2025年末までに全てのベルギーチョコレートは“フェアトレード”“レインフォレスト・アライアンス認証&UTZ認証”“オーガニック”“持続可能なプログラム”等の内、少なくとも一つの認証に準拠している事が必要となる。
■※3:「チョコレートをもっと楽しむ」:人が美味しさを感じるのは80%が臭覚によるため(舌などで感じる美味しさは20%)、香りが大きく影響する。チョコレートの香りの要素は、カカオ原産国の気候・土壌とカカオの品種、そして製造工程(主に発酵など)に由来し、チョコレートの香りには、キャラメル、ヘーゼルナッツ、コーヒーなど代表的なものだけで20種類以上あるとして、香りの重要性と組み合わせの面白さが解説された。

<クリックすると拡大されます。>

2019-04-03

NEW

全日本ヴァンドゥーズ協会 新年懇親パーティーを開催

当工業会賛助会員の一般社団法人全日本ヴァンドゥーズ協会(稲村省三会長/東京都台東区)は、1月22日(火)東京・西新宿の京王プラザホテルにて、同会賛助会員企業を招いて平成31年の新年懇親パーティーを開催した。
開会の挨拶に立った稲村会長は「ヴァンドゥーズの中から“現代の名工”が出れば、後進の目標や励みになると思っています。昨年は、私の店の人手不足の影響などでご迷惑をお掛けしてしまいましたが、今年はそれが無いよう努めます。今日は是非楽しんで下さい」と述べた。
この後、ドーバー洋酒貿易(株)の和田明久社長が「お店が多忙な中、この会の活動に尽力される稲村会長の姿には頭が下がる思いです。我々賛助会員も少しでもお役に立てるよう努めます」と乾杯の発声を行ってパーティーがスタート。パーティーの途中では岩田知子副会長とテクニカルリーダーの山本紋子氏(パティスリープラネッツ)が昨年の事業報告等を行った。

<クリックすると拡大されます。>

■問合せ:(一社)全日本ヴァンドゥーズ協会 FAX.03-5842-1617

2019-04-03

NEW

クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ
サロン・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワを開催

クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ(西野之朗会長)は、1月16日(水)にフランス大使公邸(東京都港区)にて、在日フランス大使館と農業・食料省の後援のもと、ガレット・デ・ロワを献上し新年を祝う「サロン・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ」を開催した。
まず、今年1月のパリパン菓子組合主催のガレット・デ・ロワコンクールに、2017年度優勝者である橋本昌弘氏(ウルー ウール)が参戦し、見事7位入賞を果たした旨が報告された。
続いて、昨年11月12日に行われた「第16回ガレット・デ・ロワ コンテスト」(本誌1月号で既報)の表彰式が行われた。寺井則彦氏(エーグルドゥース)が総評を述べた後、受賞者が順番に登壇し賞状を授与された。
続いて行われた献上式では、フランス駐日大使のローラン・ピック氏が「2018年は日仏国交160周年を樹立しましたが、引き続き友好的な1年になることは間違いない。また今年は、フランスはG7の、日本はG20の議長国。共に世界平和に貢献できれば」と挨拶を述べた。次にラグビーワールドカップ2019日本大会で、フランスVSトンガ戦が、熊本で行われることに伴い“くまモン”が登場し会場を沸かせた。続いて登壇した西野之朗会長(メゾン・ド・プティフール)は返礼の挨拶を述べた。
参議院日仏友好議員連盟会長の山東昭子氏の乾杯の発声後、コックコートに身を包んだローラン・ピック大使、山東昭子氏、衆議院日仏友好議員連盟会長の石原伸晃氏、フランソワーズ・モレシャン氏、2016年の親善大使を務めたラグビー選手の大野均氏、同クラブ西野会長が、昨年の優勝者の石沢美樹氏(ビゴの店)による特大ガレット・デ・ロワへ入刀を行った。ガレットは参加者に振舞われ、隣接した会場ではクラブ会員らが持ち寄った個性豊かなガレット・デ・ロワも供された。
最後は、昨年逝去したフィリップ・ビゴ氏の長男ビゴ・ジャンポール太郎氏の中締めの挨拶で締めくくられ、クラブ役員ならびにシェフ会員やフランスに縁のある関係者らが参加した同サロンは、新年にふさわしく盛会裡に終了した。

<クリックすると拡大されます。>

2019-04-03

NEW

第27回 カリフォルニア・レーズン ベーカリー新製品開発コンテスト 
~長く愛されるアイデア溢れるパンを大募集!~

カリフォルニア・レーズン協会は、製パンに携わるプロフェッショナルを対象に、「第27回 カリフォルニア・レーズン ベーカリー新製品開発コンテスト」を下記の概要で開催する。
コンテストでは、本年度から、蒸しパン、マフィン、スコーン製品などに用いられる、ベーキングパウダーを使用した作品についても応募が可能となった(但し、ベーキングソーダ=重曹の使用は不可)。入賞者には、カリフォルニア・レーズンの故郷、フレズノへの研修旅行(今秋)が贈られる。

■募集要項(抜粋)

募集部門 1.ホールセール/コンビニエンス製品部門
2.フレッシュ/インストア/リテール製品部門
応募資格 1.日本国内でのパン製造販売に携わるプロフェッショナル(国籍不問)他
応募規定 1.カリフォルニア産レーズンを、粉100%に対し25%以上配合した作品(他国産のレーズンは使用不可)
2.カリフォルニア・レーズンペーストは、上記の25%に含まれる
3.カリフォルニア・レーズン濃縮果汁は使用出来るが、上記25%には含まれない
4.作品は、小麦やライ麦などの穀物類の粉に水や酵母、塩、油脂などを加えて作った生地を発酵後に焼成した食品=「パン」、又は「クイックブレッド」とする。他
応募締切 4月22日(月)当日消印有効

<クリックすると拡大されます。>

■問合せ・応募用紙&募集要項請求:カリフォルニア・レーズン ベーカリー新製品開発コンテスト事務局((株)ジェイブレイン内 )担当:竹内
TEL.03-6256-9778 FAX.03-6256-9776
e-mail:contest@raisins-jp.org 

PCGページ
レシピページ
書籍販売ページ
sigep
sigep
aperitif
grandpatissier
cakechef
boulanchef
cakepia