UP

新規・リニューアルオープンの情報

New & Renewal Open Information

NEW BEFORE

2018-12-01

NEW

ドンク RF1との初のコラボ店 「ドンク&RF1 代々木店」オープン
~毎日のパンとサラダ 五感が嬉しくなる「パンとSALAD」ショップ~

当工業会組合員の株式会社ドンク(中土忠代表取締役社長執行役員/兵庫県神戸市)は、10月1日(月)株式会社ロックフィールドが全国主要都市で展開するブランド「RF1」とコラボレーションした『ドンク&RF1代々木店』をオープンした。
共に発祥の地神戸から「食を通じた豊かなライフスタイルの提案」を行う両社は、両ブランドの想いが互いに共鳴して今回の協業が実現。同店は“毎日のパンとサラダ 五感が嬉しくなる「パンとSALAD」ショップ”をコンセプトに、ドンクの看板商品であるフランスパンや食事パンを始めとした商品に加え、RF1の本格的で新鮮なサラダ・フライ・総菜を販売する。
最大の特徴は「グローサラント」(グロサリーとレストランを掛け合わせた造語)型の店舗である事で、店内では、販売している商品を使用した作りたてのメニューも提供する。パンとサラダを組み合わせたヘルシーなメニューはもちろん、同店限定の商品も取り揃え、毎日の健康的な食生活を提案するとしている。

<クリックすると拡大されます。>

■ドンク&RF 1代々木店
所在地:東京都渋谷区代々木1-39-11 MFPR代々木タワー1F
交通:JR代々木駅より徒歩5分/東京メトロ代々木駅より徒歩3分
営業時間:平日:8時00分~20時  土日祝:9時00分~19時30分

2018-12-01

NEW

興野 燈氏の店、「アカシエ 北浦和本店」がオープン
〜パティスリー アカシエは「アカシエ 浦和店」に

興野 燈氏の店、『パティスリー アカシエ』が、10月11日(木)、北浦和駅から徒歩7分程の住宅地に新店舗をオープンした。今後は新店舗を『アカシエ 北浦和本店』とし、旧店舗は『アカシエ 浦和店』に名称を変更する。
同氏は「京王プラザホテル」、「パティスリー・レカン」などを経て渡仏。2003年アルパジョン・コンクール・ショコラ部門優勝。帰国後、07年さいたま市浦和区仲町に「パティスリー・アカシエ」を、10年には「アカシエ・サロン・ド・テ」をオープン(現在は閉店)。
新店舗は埼玉県立近代美術館がある北浦和公園のすぐ近く、大通りから1本入った住宅地。「近くに公園があり、住宅地の入口にある。“自宅に帰る一歩手前”というのがケーキ屋のあるべき場所だと思っていたので、この場所に惚れ込みました」と興野氏。まっさらな土地に建築したビルは、1階が店舗、2階が広い厨房や最新鋭の鮮度維持管理システムを導入した冷蔵庫、冷凍庫やチョコレート部屋、3階は事務所やスタッフの休憩室、梱包室、包材庫など。“スタッフが安心して働きやすい環境を”との興野シェフの思いが込められた設計となっている。
 旬のフルーツが迎えてくれる店舗は、白木の木材やアンティーク調のタイルの床で明るくまとめられ、ジャンル別に分けられた3台の冷蔵ショーケース、大きな焼き菓子陳列棚、ギフトの陳列台、チョコレート専用ケースなど。入口の右手には、ちょっとしたイベントが開催可能なスペースがあり、今後使い方を検討していく。またキーカラーのオレンジ色はそのままに、人と人のつながりをイメージしたロゴマークもお目見えした。「これからが本当のスタート。素晴らしい建物に負けない繁盛店となり、地域の皆様に愛されるよう、スタッフと共に気合いを入れて頑張っていきます」と興野氏は語った。

<クリックすると拡大されます。>

■アカシエ 北浦和本店
所在地:埼玉県さいたま市浦和区常盤10-6-11 浦和常盤KSビル
交 通:JR京浜東北線「北浦和駅」より徒歩7分
TEL. 048-829-7007
営業時間:10:00〜18:00
定休日:水曜日(変動あり)

2018-12-01

NEW

ヒラタ 大阪営業所
移転のお知らせ

株式会社ヒラタ(平田知之代表取締役社長/岡山県岡山市)は、大阪営業所を新築移転し、9月26日(水)より営業を開始した。
敷地面積4,670平米 (1,400坪)、建築面積1,515平米 (458坪)、延床面積3,520平米 (1,066坪)の鉄骨造り3階建。

■(株)ヒラタ 大阪営業所概要
〒572-0866
大阪府寝屋川市小路南町11番11号
TEL.072-823-0500
FAX.072-823-0450

<クリックすると拡大されます。>

2018-12-01

NEW

クリストフ・ミシャラク氏
世界に先駆け表参道にパティスリー ミシャラク 表参道をオープン

株式会社ユーロパティスリーは、フランスを代表するスターパティシエのクリストフ・ミシャラク氏による、「MICHALAK PARIS(ミシャラク パリ)」の初となる国外店舗「MICHALAK OMOTESANDO(ミシャラク 表参道)を10月5日にオープンした。
クリストフ・ミシャラク氏は、26歳の若さでプラザ・アテネのペストリーシェフに就任。その間、2005年のクープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリーのフランス代表のキャプテンとして出場しチーム優勝。2013年にお菓子教室兼パティスリー「ミシャラク・マスタークラス/ミシャラク・テイクアウェイ」を出店したのを皮切りに、現在パリ市内で4店舗とラボを展開している。
「ロック&ラグジュアリー」をテーマにした店舗では、持ち運びができるモバイルスイーツとして有名な「KOSMIK(コスミック)」をはじめとしたパリと同じアイテムの他、パブロバを最中の皮でサンドした「PAVLOVA MONAK(パブロバモナカ)」など日本限定品も展開。26席あるカフェでは、キッシュプレート等軽食としても楽しめるメニューも充実している。
オープンにあたり来日したミシャラク氏は、「日本はフランスと同様に美味しいパティスリーがある国。神戸のグレゴリー コレで1年間勤務した際には、東京を頻繁に訪れた。今回、大好きな街である表参道に出店することができて嬉しい」と述べている。

「MICHALK OMOTESANDO(ミシャラク 表参道)店舗概要
所在地:東京都渋谷区神宮前6-2-9
アクセス:東京メトロ「明治神宮前〈原宿〉駅」4番出口より徒歩2分 JR「原宿駅」表参道口より徒歩7分
TEL:03-5774-6311
営業時間:11:00~21:00(ブティック・ラストオーダーは共に20:00まで)

<クリックすると拡大されます。>

2018-11-01

大阪製罐 お菓子のミカタTOKYO KO BOH !!をオープン
〜日本発 洋菓子のフィッティングルーム〜

大阪製罐株式会社(清水雄一郎代表取締役社長/大阪府東大阪市)が展開するブランド「お菓子のミカタ」が、今年6月、東京・恵比寿に、洋菓子のフィッティングルームをテーマにした「お菓子のミカタTOKYO KO BOH !!」をオープンした。
「お菓子のミカタTOKYO KO BOH !!」では、全国の洋菓子店オーナーが自店の洋菓子を持ち込み、その場で缶に詰めてお菓子のサイズ感やパッケージとのバランスなどを見ることができる。
「洋菓子缶を通じてお菓子を創る人と、そのお菓子を手に取る人の双方に喜んでもらいたい」という清水社長の思いを形にした店舗では、毎週2日間のみの営業にもかかわらず、全国から多くの来店者が訪れているという。

■お菓子のミカタTOKYO KO BOH !!
所在地:東京都渋谷区恵比寿西2-8-6 WEST2 1F
営 業:毎週水曜・木曜 午前11時〜午後7時

<クリックすると拡大されます。>

■問合せ:大阪製罐(株) TEL.06-6723-5545 FAX.06-6725-3470
URL.https://www.okashinomikata.com/

PCGページ
レシピページ
書籍販売ページ
sigep
sigep
aperitif
grandpatissier
cakechef
boulanchef
cakepia