UP

全日本洋菓子工業会の情報

Association Information

NEW BEFORE

2019-08-07

NEW

協同組合全日本洋菓子工業会 「第58回通常総会」を開催

当工業会では5月27日(月)午後15時より帝国ホテル東京(東京都千代田区)「雅の間」にて「第58回通常総会」を開催した。開式の辞を副島隆副理事長((株)お菓子の香梅)が述べた。物故者に対する黙とうが捧げられた後、小澤俊文理事長((株)コロンバン)が挨拶を述べた。この後、定足数の報告を経て小澤理事長を議長に選出、「30年度の事業・決算報告」並びに「令和元年度の事業計画・予算案」について審議が重ねられ、全会一致で採決された。閉会の辞を福永晃三副理事長((株)フクナガ)が述べた。また、通常総会に先立ち、組合員向けにHACCP説明会が行われた。
午後5時からは、同ホテル「光の間」に会場を移して、賛助会員並びに関係諸団体等を招いての懇親会が催された。まず、小澤理事長が「現在日本の食品業界は厳しい状況にあり、米中関係など国際経済が影響を与えています。少子高齢化、消費税軽減税率導入、働き方改革など課題は山積みです。このような人々にストレスを与える状況においては、そこから回復するには甘いものを食べないと復活できないといえます。従って菓子業界はこれから発展する人を幸せにする産業です」等と挨拶を述べ、この後、来賓を代表して農林水産省大臣官房審議官小野稔氏が祝辞を述べた。続いて、今年1月にフランス・リヨンで行われたクープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリーに出場し準優勝を果たした、西山未来氏((株)シュゼット・ホールディングス)、伊藤文明氏(パティスリー メゾンドゥース)、小熊亮平氏((株)グルメ和光)と、昨年9月のUIBC世界ジュニア製菓技術者コンクールで第3位に入賞した九島朱季氏(にいがた食育・保育専門えぷろん)が紹介され挨拶した。会場からはその栄誉を讃え盛大な拍手が贈られた。そして日本食糧新聞社会長CEOの今野正義氏の乾杯の発声で、190名の業界関係者が集う華やかなパーティが開宴した。
宴もたけなわの頃、中沢乳業株式会社代表取締役社長の中澤謙次氏が中締めの挨拶を述べて、午後6時20分過ぎに全ての予定を滞りなく終了した。

<クリックすると拡大されます。>

2019-06-05

栢沼稔氏 平成30年度文化庁長官表彰 
~オーストリア菓子の継承・発展に尽力~

当工業会常任理事(技能局長)で株式会社栢沼代表取締役の栢沼稔氏は、3月18日(月)東京・千代田区の文部科学省で開催された『平成30年度文化庁長官表彰式』にて、文化庁長官より表彰された(推薦:一般財団法人日本食生活文化財団)。 『文化庁長官表彰』は、文化活動に優れた成果を示し、我が国の文化の振興に貢献した人々や、日本文化の海外発信、国際文化交流に貢献した人々に対し、その功績を称えるため表彰するもので、本年度は86名、3団体が表彰された。 栢沼氏は、日本に於けるオーストリア菓子の第一人者として、オーストリアの食文化と製菓技術の紹介・普及に尽力し、国内外のコンクールの審査員や洋菓子技能検定の検定委員を始め、製菓学校講師として後進の指導にも務めている。氏の店、『ツッカベッカライカヤヌマ』(東京・溜池山王)は本格的なオーストリア菓子の専門店として、製菓素材や器具までも本国から取り寄せる等のこだわりを持ってハプスブルグ家統治時代からの伝統を受け継ぎ、その味と確かな技術はオーストリア本国からも認められている。

■栢沼 稔氏 略歴

1982年 オーストリア国家公認 コンディトールマイスター取得
1987年 東京・赤坂にツッカベッカライ カヤヌマ 開店
1988年 オーストリア菓子職人組合 銀名誉記章 受章
1994年 協同組合 全日本洋菓子工業会 常任理事(技能局長)就任
2007年 日本-オーストリア食文化協会理事就任(初代会長)
2008年 厚生労働省 卓越した技能者表彰「現代の名工」 受章
2010年 東京都洋菓子組合 理事就任
2011年 財団法人 日本食生活文化財団 金賞受賞
2011年 オーストリア共和国 功労金賞受賞
2019年 職業訓練法人 東京都菓子学園 学園長就任

<クリックすると拡大されます。>

2019-03-15

全日本洋菓子工業会
新年懇親パーティーを開催

当工業会では、1月8日(火)午後5時より東京都港区の浜松町東京會館(世界貿易センタービル39F)にて新年懇親パーティーを開催した。
パーティーで挨拶に立った小澤俊文理事長は、「組合員ならびに賛助会員の会員増強に努めるのでご協力賜りたい。またPCGの販売強化を行い、より財政基盤を強固にしていきたい。内容についても充実させていきたい」等とスピーチした。
次に、来賓を代表し、農林水産省 大臣官房 審議官 倉重泰彦氏が挨拶を述べた。続いて、中沢乳業株式会社 代表取締役社長の中澤謙次氏の乾杯の発声で華やかな宴が始まった。
宴たけなわの頃、ドーバー洋酒貿易株式会社代表取締役社長の和田明久氏の中締めの挨拶と三本締めをもって、組合員、賛助会員、関連団体より210名余りの参加者が集った当パーティーは盛会裏に終了した。

<クリックすると拡大されます。>

2019-01-22

消費税率の引上げに伴う価格設定について(ガイドライン)

平成30年11⽉28⽇
内閣官房
公正取引委員会
消費者庁
財務省
経済産業省
中⼩企業庁

1.価格設定に関する考え⽅

  • 我が国においては、消費税が1989年に導⼊されて以降、導⼊時及び税率引上げ時に、⼀律⼀⻫に価格が引き上げられるものとの認識が広く定着しています。
  • これに対し、1960年代から1970年代前半に付加価値税が導⼊され、税率引上げの経験を積み重ねてきている欧州諸国では、税率引上げに当たり、どのようなタイミングでどのように価格を設定するかは、事業者がそれぞれ⾃由に判断しています。このため、税率引上げの⽇に⼀律⼀⻫に税込価格の引上げが⾏われることはなく、税率引上げ前後に⼤きな駆け込み需要・反動減も発⽣していません。
  • たしかに、消費税は、事業者ではなく、消費者が最終的には負担することが予定されているため、消費税率引上げ後に⼩売事業者が値引きを⾏う場合、消費税転嫁対策特別措置法により、「消費税はいただいていません」「消費税還元セール」など、消費税と直接関連した形で宣伝・広告を⾏うことは禁⽌されていますが、これは事業者の価格設定のタイミングや値引きセールなどの宣伝・広告⾃体を規制するものではありません。例えば、「10⽉1⽇以降○%値下げ」「10⽉1⽇以降○%ポイント付与」などと表⽰することは問題ありません。
  • また、今回は、中⼩・⼩規模⼩売事業者に対して、来年10⽉の消費税引上げ後の⼀定期間に限り、ポイント還元といった新たな⼿法などによる⽀援などを⾏う予定です。これにより、中⼩・⼩ 規模⼩売事業者は、消費税率引上げ前後に需要に応じて柔軟に価格設定できる幅が広がるようになります。
  • ⼤企業においても、消費税率引上げ後、⾃らの経営資源を活⽤して値引きなど⾃由に価格設定を⾏うことに何ら制約はありません。

2.適正な転嫁の確保

  • このように消費税率引上げ後、⼩売事業者が⾃らの経営判断により値引きを⾏うことに法令上の制約はありませんが、事業者間の取引については、当該⼩売事業者に製品・サービスを納⼊する下請事業者等がしわ寄せを受け、適正な価格転嫁ができず、増税分を負担させられるような事態があってはなりません。
  • 消費税転嫁対策特別措置法は、⼩売事業者や下流の事業者が、下請事業者や上流の事業者に対し、消費税増税分を減額するよう求めたり、利益提供を求めたりすることなどを禁⽌しています。来年10⽉の消費税率引上げに際しても、下請事業者等に対するこうした不当な⾏為がなされないよう、引き続き、転嫁Gメンによる監視や関係機関による周知を厳格に⾏っていきます。

3.その他

  • 消費税率引上げ後、消費の平準化を図るために⼀定の⽀援措置を講じる予定としており、事実に反して、消費税率引上げ前に、「今だけお得」といった形で消費者に誤認を与え駆け込み購⼊を煽る⾏為は、景品表⽰法に違反する可能性があります。
  • 消費税転嫁対策特別措置法は、税込価格の表⽰(総額表⽰)を義務化している消費税法の特例として、「事業者が表⽰する価格が税込価格と誤認されないための措置を講じているときは、税抜価格を表⽰できる」と規定しており、これについて特に変更はありません。
  • また、従来、消費税率の引上げを理由として、それ以上の値上げを⾏うことは「便乗値上げ」として抑制を求めてきましたが、これは消費税率引上げ前に需要に応じて値上げを⾏うなど経営判断に基づく⾃由な価格設定を⾏うことを何ら妨げるものではありません。

2018-12-01

全日本洋菓子工業会 新世代の会
第13回研修旅行を沖縄で開催

当工業会の新世代の会は、9月13日(木)~15日(土)の2泊3日に亘り、沖縄県で研修会を開催した。
初日は、「そば処きくや」にて沖縄ソバを堪能後、読谷村の「御菓子御殿(お菓子のポルシェ)元祖『紅いもタルト』発祥の店!」で製造ラインを見学。続いて、同じく読谷村の「沖縄ハム総合食品(株)」ならびに「(株)沖縄黒糖工場」を訪れた。その後、那覇市内にある「エーデルワイス沖縄店」を訪問後、戦後の復興期に誕生し、現在もその姿を残す栄町市場にて会食をした。
2日は、視察チームと親睦チームと二手に分かれ活動。視察チームは、うるま市の「㈱ぬちまーす」を訪問し、世界初の特許製塩法「常温瞬間空中結晶製塩法」を見学。その後敷地内のパワースポット「果報バンタ」等を散策した。築85年の古民家を利用した食堂での昼食後、「パティスリー アッシュ ユウジ(比嘉悠司オーナーシェフ/宜野湾市)」を訪れた。
夜の懇親会は参加者全員で、那覇市内の「ステーキハウスチャコ沖縄」にて、炭火で焼いたステーキを楽しみながら親睦を深めた。続いて、「Damp’s Room那覇」にて、クロード・チアリ氏のジャズライブで盛り上がった。
最終日には、「沖縄アウトレットモール・あしびなー」に立ち寄り各自帰路についた。
同会では、今後も若手業界関係者の英知と努力を結集し、資質の向上、相互の親睦・融和を図るべく研修会等を行っていくとしている。

参加者(敬称略):
(株)モンブラン 松田 安正/(株)ゴンドラ 細内 滋之/(株)お菓子の香梅 副島 英史/(株)明月堂 秋丸 敏郎/ドーバー洋酒貿易(株) 和田 明久/(株)ミコヤ香商 水野 年純

<クリックすると拡大されます。>

PCGページ
レシピページ
書籍販売ページ
sigep
sigep
aperitif
grandpatissier
cakechef
boulanchef
cakepia