UP

スイーツコンテスト

Sweets Contest

NEW BEFORE

2022-06-06

NEW

チョコレートアカデミー™センター東京
チョコレート イノベーション コンテスト2022の出場者を募集

 チョコレートアカデミー™センター東京は、2022年で第4回をむかえる「チョコレート イノベーション コンテスト」を開催する。第4回のテーマは、まるごとカカオと共にサステナブルな未来を「発見する・創造する」で、サステナブルカカオを“まるごと” 使用した、チョコレートのイノベーション レシピ作品を募集する。詳しくは募集要項(https://www.chocolate-academy.com/jp/jp/contest/2022)を参照のこと。

【応募部門】
部門全5部門(書類審査5部門、本選出場者向け 6部門)
 1.Innovative 和菓子部門
 2.Innovative お土産菓子部門
 3.Innovative ペイストリー部門
 4.Innovative トラベルケーキ部門(半生菓子)
 5.Innovative ショコラトリー部門

【スケジュール】
●書類応募締切:2022年6月15日(水)必着
2022年6月13日(月)消印有効(地方地域の場合)
●書類選考日(予選):2022年6月29日(水)(予定)
●書類審査結果発表:2022年6月29日(水)18:00より発表(予定)
※選考結果は「チョコレートアカデミー™ センター東京」の公式サイト並びにInstagram Live streaming 又はInstagram、Facebookにて発表
●本選考審査日(ファイナル):2022年8月10日(水)   
場所:チョコレートアカデミー™センター東京(東京都品川区大崎2-11-1 大崎ウィズタワー21階)試食は事前送付の上、審査はオンラインでの実施

問合せ: チョコレートアカデミー™センター東京 Tokyo-chocolate-academy@barry-callebaut.com

2021-11-16

日本全国から自慢のタルトを大募集
『第10回 スイーツコンテスト/Tarte-1グランプリ』を開催
~グランプリは吉田仁氏~

協同組合全日本洋菓子工業会(世界洋菓子・パン連盟日本本部)は、『第10回 スイーツコンテスト/Tarte-1(タルトワン)グランプリ』を開催いたしました。
コンテストでは、全国から集まった87作品の中から、一次審査(書類選考)で厳正な審査の上選出された12作品が登場しました。
結果は、株式会社シュクレイ 吉田 仁氏の作品「東京タル都 ~東京おひさまべりーと八丈島パッションフルーツ~」がグランプリに決定しました。また、農林水産省大臣官房長賞には帝国ホテル東京 長谷川 郷氏の「静岡県産紅富貴紅茶とパンプルムースのタルト」が選ばれました。
入賞作品のレシピや大会の模様は、世界の菓子PCG2022年2月号に掲載予定です。

■特別協賛 中沢乳業(株)
■協  賛 アートキャンディ(株)、アンベール・ジャパン(株)、池 伝(株)、(株)イワセ・エスタ東京、ヴァローナ ジャポン(株)、岡常製糖(株)、関東混合機工業(株)、タカ食品工業(株)、
タカナシ販売(株)、(株)東 光、ドーバー洋酒貿易(株)、(株)ナリヅカコーポレーション、
日新化工(株)、(株)日本食糧新聞社、(株)フジキカイ、(株)保坂製作所、(株)増田製粉所、
(株)ミコヤ香商
■後  援 農林水産省
■副賞提供 (株)アルカン、(株)アンベール・ジャパン、池 伝(株)、ヴァローナ ジャポン(株)、
岡常製糖(株)、オリエンタル酵母工業(株)、宏 洋(株)、サンエイト貿易(株)、
タカ食品工業(株)、タカナシ販売(株)、DKSHジャパン(株)、ドーバー洋酒貿易(株)、
中沢乳業(株)、(株)ナリヅカコーポレーション、日清製粉(株)、(株)野澤組、
(株)増田製粉所 (株)ミコヤ香商
■会場協力 専修学校 日本菓子専門学校
■大会組織 
実行委員長  小澤 俊文((協)全日本洋菓子工業会 理事長/コロンバン)
副委員長  細内 進((協)全日本洋菓子工業会 副理事長/ゴンドラ)
決勝審査員  細内  進(同 上)、山本 隆夫(同 常任理事/クラブハリエ)、大野 龍男(同 監事/二葉製菓学校)、中村 光一朗(同 技能局委員/日本菓子専門学校)、谷藤 拓(同 技能局委員/東京製菓学校)/平岩 理緒(スイーツジャーナリスト)
■コンテスト結果
順位 氏名 勤務先名
グランプリ 吉田 仁 (株)シュクレイ
準グランプリ 橋爪 里奈 ザ・リッツカールトン大阪
第3位 桐山 栞 W osaka
農林水産省大臣官房長 長谷川 郷 帝国ホテル 東京
入賞 千枝 真祈人 グロースパートナーズ(株)
黒沢 翔 ホテルニューオータニ幕張
曲尾 純一 ラフォーレリゾート修善寺
池内 克幸 ロイヤルパインズホテル浦和
亀井 美帆 ホテルニューアワジ
加藤 瑞木 Patisserie ettoi
副島 将吾 エーグルドゥース
國吉 光一 シェラトン沖縄サンマリーナリゾート

<クリックすると拡大されます。>

2021-10-10

日本全国から自慢のタルトを大募集
『第10回 スイーツコンテスト/Tarte-1グランプリ』 ファイナリストが決定

協同組合全日本洋菓子工業会(世界洋菓子・パン連盟日本本部)は、『第10回 スイーツコンテスト/Tarte-1グランプリ』を開催いたします。このコンテストでは、全国の洋菓子店等から、選りすぐりのタルトを募集して、グランプリを決定するものです。
東京・上野毛の日本菓子専門学校で行われる最終審査では、10月4日(月)に実施した書類選考にて、選出された以下の12名が大会に挑みます。


主  催  協同組合全日本洋菓子工業会(世界洋菓子・パン連盟日本本部)

特別協賛 中沢乳業(株)
協  賛 アートキャンディ(株)、アンベール・ジャパン(株)、池伝(株)、
     (株)イワセ・エスタ東京、岡常製糖(株)、関東混合機工業、
     (株)タカ食品工業(株)、タカナシ販売(株)、(株)東光、ドーバー洋酒貿易(株)、
     (株)ナリヅカコーポレーション、日新化工(株)、(株)日本食糧新聞社、
     (株)フジキカイ、(株)保坂製作所、(株)増田製粉所、(株)ミコヤ香商
後  援 農林水産省
副賞提供 (株)アルカン、(株)アンベール・ジャパン(株)、池伝(株)、
     (株)イワセ・エスタ東京、岡常製糖(株)、宏洋(株)、サンエイト貿易(株)、
     タカ食品工業(株)、タカナシ販売(株)、DKSHジャパン(株)、ドーバー洋酒貿易(株)、
     中沢乳業(株)、(株)ナリヅカコーポレーション、(株)野澤組、日清製粉(株)、(株)ミコヤ香商
会場協力 専修学校 日本菓子専門学校

大会組織 
実行委員長  小澤 俊文((協)全日本洋菓子工業会 理事長/コロンバン)
副委員長   細内 進((協)全日本洋菓子工業会 副理事長/ゴンドラ)
決勝審査員  細内  進(同 上)
       (予定)山本 隆夫(同 常任理事/クラブハリエ)
          大野 龍男(二葉製菓学校)
          中村 光一朗(同 技能局委員/日本菓子専門学校)
          谷藤  拓(同 技能局委員/東京製菓学校) 
プレス審査員 平岩 理緒(スイーツジャーナリスト)
 

 

■開催スケジュールと会場
応募書類締切 2021年9月28日(火)(応募総数:87通)
書類審査   12名を選出(10月4日(月)/於:専門学校 二葉製菓学校)
書類審査員    細内 進、山本隆夫、望月完次郎(帝国ホテル)、大野龍男、中村 光一朗、谷藤 拓
決勝審査   11月10日(水)12:00~17:00

■本選出場選手(順不同/予定)
千枝 真祈人    チエダ マキト    カフェ ビストロ レドシェーブル
黒沢  翔    クロサワ カケル    ホテルニューオータニ幕張
吉田  仁    ヨシダ ヒトシ    (株)シュクレイ    
曲尾 純一    マガリオ ジュンイチ    ラフォーレリゾート修善寺
池内 克幸    イケウチ カツユキ    (株)浦和ロイヤルパインズ
長谷川 郷    ハセガワ アキラ    帝国ホテル 東京
橋爪 里奈    ハシヅメ リナ    ザ・リッツカールトン大阪    
亀井 美帆    カメイ ミホ        (株)ホテルニューアワジ
桐山 栞     キリヤマ シオリ    W osaka    カリナリー
加藤 瑞木    カトウ ミヅキ    ぬでいる Patisserie ettoi
副島 将吾    ソエジマ ショウゴ    エーグルドゥース
國吉 光一    クニヨシ コウイチ    シェラトン沖縄サンマリーナリゾート

2021-09-06

第23回内海会ジュニア技術コンクール ~ホテルインターコンチネンタル東京ベイの森田万矢さんとマテリエルの亀谷朱音さんが最優秀賞に~

内海会(横田秀夫会長/東京都世田谷区)は、6月16日(水)グランドプリンスホテル高輪にて25歳以下のパティシエを対象としたピエスモンテ(アメ細工、チョコレート細工)によるコンクールを開催、コロナ下とあって、来賓や協賛企業は招かず、万全な感染防止対策を講じて行われた。
今回のアメ細工のテーマは「バラ」。チョコレート細工のテーマは「四季」として、さらに使用するチョコレートをブラック・ホワイト・ミルクの3種に限定し、色素の使用も不可とされた。
挨拶に立った横田会長は、「コロナや延期の影響で不安だったが、沢山の人が応募してくれて嬉しい。大会は基本に戻ろうという方向にあり、アメ細工はバラの花、チョコレートは色素を使わずに表現するというテーマにしたが、これを皆がちゃんと捉えて、前回よりレベルが上がっていた。自分の経験から言うと、負けた時にこそモチベーションが上がる。優勝できなかった人は、この悔しさが成長のチャンスと思って次を目指して欲しい」とスピーチした。
この後、審査委員長を務めた筆頭理事の和泉光一氏が、「アメ細工の上位作品は、バラやパステヤージュの使い方が上手かった。スフレ(吹き飴)は、玉を吹いただけでは面白くないので、これを課題として工夫して欲しい。バラは、花弁一枚一枚と全体の造形美がポイント。アートとして認められる美しいものを作るという事を若いうちから勉強してください。一方ショコラは、日々の仕事でショコラの扱いに慣れているかどうかが重要。また、色の差がはっきり出すぎていると安っぽく見えるので、セピアカラーの写真などを参考にすると良い。全体的に空間の使い方、いわゆるヌケ感が上手くなった」と総評した。
表彰式の最後には、寺井則彦本部長が、「応募者も多く、レベルの高いコンクールだったが、大きなピエス(内海杯)になると応募者が減る傾向にある。今回のモチベーションを忘れず、更に上のステージを目指してチャレンジしてもらえると嬉しい」と挨拶して表彰式を終了した。

■第23回内海会ジュニア技術コンクール入賞者

アメのピエスモンテ部門(応募総数:33作品)

最優秀賞 森田 万矢(ホテルインターコンチネンタル東京ベイ)
金賞 高光 翔世(ルミュゼドゥアッシュ)
真崎 千春(クラブハリエ)
銀賞 石見 風太(パティスリーヨシノリアサミ)
神長 美和(東京プリンスホテル)
竹田 比呂(ルミュゼドゥアッシュ)
勝亦 健二(パティスリーリューコレット)
銅賞 小島 千都(東京プリンスホテル)
小林 旺広(東京マリオットホテル)
田辺   陽(グランドハイアット東京)
稲垣 知希(パティスリーホソコシ)
坂田 真菜実(オクシタニアル)
古川 春輝(シュゼット・ホールディングス)

チョコレートのピエスモンテ部門(応募総数:18作品)

最優秀賞 亀谷 朱音(マテリエル)
金賞 樋口 絵里奈(ホテルインターコンチネンタル東京ベイ)
川端 慎也(エコール・クリオロ)
銀賞 石井 大道(ザ・プリンス箱根芦ノ湖)
南 悠斗(ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブル)
銅賞 棚田 理奈(ザ・キャピトルホテル東急)
西田 優人(パティスリー・ラ・パルムドール)
倉沢 果歩(オクシタニアル)

<クリックすると拡大されます。>

2021-08-10

フォンテラグランプリ2020 入賞6作品決定
~ニュージーランド産グラスフェッドバターを使った製品開発コンクール~

ニュージーランド乳業大手フォンテラ酪農協同組合の日本法人であるフォンテラ ジャパン株式会社(斎藤康博代表取締役社長/東京都港区)は、5月15日(土)東京製菓学校(東京都新宿区)にて、第2回目となる、ニュージーランド産グラスフェッドバターを使った製品開発コンクール「フォンテラグランプリ2020」の最終審査と表彰式を開催した。
コンクールでは、昨年12月の一次審査で応募総数64作品(64名)の中から14作品を選出、最終審査で6作品が入賞した。入賞者には、ニュージーランドへの研修旅行が贈られる予定。
また、開催に際しては、検討を重ねた上、参加者・審査員・スタッフの新型コロナウイルス感染防止策を講じた上で実施された。
なお、ブレッド部門で最優秀賞を受賞した「グラスフェッドバターのキャラメルブリオッシュフィユテ」は、6月25日より千葉県の佐藤ベーカリー/Pain et Sucreで発売を開始した。

■2020フォンテラグランプリ入賞者(敬称略)

部門 受賞者名 勤務先
ギフト菓子部門 最優秀賞 小野瀬 遵 コンラッド東京
優秀賞 林 将史 (株)藤井商事
フォンテラ賞 塚本 大暉 ハイアットリージェンシー東京
ブレッド部門 最優秀賞 佐藤 崇裕 佐藤興産 佐藤ベーカリー
優秀賞 小嶋 慎一郎 ブーランジュリー グランオム
フォンテラ賞 大川 祐季 敷島製パン(株)

<クリックすると拡大されます。>

■フォンテラグランプリ2020動画 https://www.youtube.com/watch?v=jnzpalNfQpA

PCGページ
レシピページ
書籍販売ページ
sigep
sigep
sigep
aperitif
grandpatissier
cakechef
boulanchef
cakepia