UP

その他のコンクール(国内)の情報

Domestic Competition

NEW BEFORE

2020-10-09

初開催!
土佐ジロー卵スイーツコンクールのお知らせ

高知県土佐ジロー協会は、食品製造に携わるプロフェッショナルを対象に、新型コロナウイルス感染拡大の影響により高知県内外の流通がストップし、行き場を失った土佐ジロー冷凍液卵(全卵)を使用した、創造性溢れる土佐ジロー卵のスイーツ作品を募集する。
レシピ書類の締め切りは10月22日(木)で、事前にエントリーが必要。詳しくは、「コンクール概要」を参照のこと。

■土佐ジロー
1985年(昭和60年)、全国で初めて誕生した高知県原産の天然記念物「土佐地鶏」(オス)国内在来種の「ロードアイランドレッド」(メス)を父と母にもつ卵肉兼用の地鶏。
高知の太陽の下、シシトウやピーマンなど季節ごとの野菜や米等の地元穀類を利用して工夫した自然の恵みで育てている(穀物配合飼料は、非遺伝子組替品・PHFを使用)。
土佐ジロー卵は、メス20羽に対してオス1羽以上の割合での同居飼育による有精卵。一般的な鶏卵と比べ、かなり小ぶりだが卵黄が大きく卵白とのバランスが絶妙で、味は濃厚で「こく」のある美味しさ。

2019-11-14

patisガストロノミー協会主催
第三回シュトーレンコンテスト開催のお知らせ

patisガストロノミー協会は、第三回シュトーレンコンテストを開催する。このコンテストは、クリスマスパーティやファミリーパーティ、お歳暮や手土産など、クリスマスシーズンの定番として、シュトーレンを愉しむシーンを増やし、製菓製パンの新しい魅力を伝え広める目的で実施している。
昨年実施した第二回目は69作品の応募があり、須藤秀男氏(ブーランジェリースドウ)が優勝した。
第三回シュトーレンコンテストでは国際的なイベントが続く日本をテーマに、「日本らしさ」を表現したシュトーレン作品を募集する。

■開催概要
〈スケジュール〉
参加申し込み受付締め切り: 2019年11月25日(月)必着 ※先着合計 60作品まで
予選審査: 12月4日(水) 関係者による一次審査
本審査: 12月5日(木)
〈参加対象〉
ブーランジェリー、パティスリー、和菓子店、ホテル・レストランのシェフ、教育機関、メーカーの商品開発に従事者などプロフェッショナル。
※法人に属していること、或いは営業許可を取得していることも参加条件として含まれる。
※最大一法人につき、2作品までの応募が可能。
〈審査項目〉
食味評価や見た目(ラッピング含む)、テーマ性、市場性を審査
〈審査員〉
藤森二郎シェフ(ビゴの店)、望月完次郎シェフ(帝国ホテル)、中川二郎シェフ(パティスリーキャロリーヌ)、野澤孝彦シェフ(元 ノイエス)、大森由紀子氏(フランス料理・菓子研究家)、平岩理緒氏(スイーツジャーナリスト)、裏谷恵子氏(三越伊勢丹研究所)、沢辺利男氏(食糧学院)
〈賞〉
優勝 賞金10万円
〈応募概要〉
下記HP、もしくは事務局へお問い合わせの上、エントリー。
https://www.stollen-contest.com

<クリックすると拡大されます。>

【問い合わせ】 patisガストロノミー協会
〒150-0001渋谷区神宮前6-7-16 グル―原宿3F
TEL:03-6427-2482 FAX:03-6427-2483 Email:patis_harajuku@ybb.ne.jp

2019-07-22

第1回 長野県飯綱町りんごスイーツコンクール 開催のお知らせ

りんごの産地・長野県飯綱町は、りんごスイーツを通じてりんごの魅力をあらためて知ってもらい、りんごの振興や需要拡大につなげることを目的として、全国から自慢のりんごスイーツを募集する「長野県飯綱町(いいづなまち)りんごスイーツコンクール」を開催する。
合わせて、現地りんご農家を巡る事前ツアー(詳細別途)を開催するなど、りんご生産者と菓子職人が出会い、素材の背景を知り、美味しいものを作りたいという想いがつながる活動を展開していく。 ~長野県・飯綱町(いいづなまち)~
盆地特有の寒暖差の大きな気候に恵まれ、農産物はもとより、特にりんごの美味しさには定評があり、全国のりんごの1%1万トンを産する町。また英国王立園芸協会との縁でブラムリーやグラニースミスなどの珍しいクッキングアップルも種類豊富で「日本一のりんごの里、いいづな」を目指している。

■コンクール概要

◇参加対象: プロ(料理、菓子、パン、和菓子、カフェ、開発などに従事)で長野県飯綱町りんごスイーツコンクールの目的に賛同する者
◇審査員:
フランス料理・菓子研究家・大森由紀子氏
菓子工房オークウッド 横田秀夫氏
ティスリー ル・ポミエ フレデリック・マドレーヌ氏
パティスリー ラ・ヴィ・ドゥース 堀江新氏
◇優勝賞品:
優秀賞(1名)
 *飯綱町ペア旅行へご招待(1泊2日、交通費含)
  古民家宿泊・ワイナリー&レストランサンクゼールでの夕食
 *「飯綱町りんごスイーツ大使」就任 
優秀賞(2名程度)
 *りんご10kg(11月下旬お届け)
最終選考出場賞(最終選考通過者全員)
 *サンクゼール商品券
◇開催日程:

(1) 参加申込期間 7月25日(木)~ 8月31日(土)
(2) 農家を巡る事前ツアー申込期間(任意) 8月1日(木)~ 9月6日(金)
(3) 飯綱町産りんご送付申込期間(試作用) 8月1日(木)~10月18日(金)
(4) レシピ・書類送付期間 9月1日(日)~ 9月24日(火)
(5) 書類選発表 10月3日(水)
(6) 最終選考・本審査会 10月23日(水)

◇作品規定:
りんごを使ったお菓子であること
そのりんごは、生から自身で加工すること
りんご配合量は、全体の40%以上であること
常温で1日保存できるものであること
◇応募規定:
一人1点限り、未発表作品に限る
最終選考日に作品を会場に持ち込み可能なこと(10月23日(水)10時~14時・銀座)
◇応募方法:
所定の用紙を使用し、郵送・メール・ファックスにて、応募(用紙はサイトよりダウンロードまたは事務局より取り寄せ)。
(1)参加申し込み書(2)事前ツアー概要・申込書(3)りんご送付概要・申込書(4)書類審査・作品レシピ用紙
◇本審査会:
10月23日(水)
◇会場:銀座NAGANO(最寄駅:銀座)
◇主催:長野県飯綱町りんごスイーツコンクール実行委員会  
◇共催:長野県飯綱町

<クリックすると拡大されます。>

【お問い合わせ】
パティス・ガストロノミー協会「りんごスイーツアワード事務局」
〒150-0001渋谷区神宮前6-7-16 グルー原宿3F
TEL:03-6427-2482 FAX:03-6427-2483 Email:patis_harajuku@ybb.ne.jp

2019-07-01

ANAインターコンチネンタルホテル東京
「チョコレート ショーピース コンペティション 2019」作品募集

ANAインターコンチネンタルホテル東京は、2019年10月から全館を挙げて開催するチョコレートをテーマにした祭典「チョコレート・センセーション」の関連イベントとして、7月1日(月)から8月31日(土)の期間、チョコレート細工(ピエスモンテ)の作品を募集する。
募集にあたっての作品の製作テーマは、同ホテルを表現するキーコンセプト「The Essence of Tokyo(エッセンス・オブ・東京)」。審査では、「東京の街のように進化を続け、訪れるたびに新しく、心わきあがるような体験をお届けする」という同コンセプトをどのように解釈し、チョコレート細工の作品に表現するか、その技術力や独創性、芸術性が評価のポイントとなる。
作品はホテル全館で今秋10月より開催する「チョコレート・センセーション」のプログラムの一環として館内に展示。その中から優秀作品を決定し、選ばれた優勝者には、フランス・パリでの「あなただけのパリ体験」東京・パリ往復航空券付き4泊5日の旅 ペア1組が贈られる。詳しくは、https://anaintercontinental-tokyo.jp/offer/chocolate-competition-2019/

問合せ:「チョコレート ショーピース コンペティション2019」事務局
ANAインターコンチネンタルホテル東京
〒107-0052 東京都港区赤坂1-12-33
メールアドレス:event@anaintercontinental-tokyo.jp

2018-02-02

酒粕と米粉を使ったスイーツコンクール2018
参加者募集

この度、協同組合全日本洋菓子工業会とGPS Clubは『酒粕と米粉を使ったスイーツコンクール2018』を開催することとなりました。お菓子づくりのプロを対象に参加者を募集します。
1次審査(書類)を通過した12名には2018年4月13日に東京ビッグサイトで開催する
FABEX「デザート・スイーツ&ベーカリー展」特設会場で行われる決勝大会に出場していただきます。
当コンクールは<酒粕>と<米粉>を使用し、オリジナルの焼き菓子を製作するものです。
海外からも注目を集める話題の和素材で、今までにない焼き菓子の世界を表現してみませんか。
皆様のご応募お待ちしております!

「酒粕と米粉を使ったスイーツコンクール」開催概要
開催日時:2018年4月13日(金) 実技:10:00〜 結果発表・表彰式:15:30〜
開催場所:FABEX「デザート・スイーツ&ベーカリー展」特設会場 (東京ビッグサイト 東3ホール)
主催:協同組合全日本洋菓子工業会、GPS Club
特別協賛:旭酒造株式会社
後援:日本食糧新聞社

■ 応募方法 以下の3点を添付の上、必ず郵送にてお送りください。
1.指定の応募用紙(必要事項を記入のこと)
 ※募集のご案内、大会規則、応募用紙はFABEX公式HPからもダウンロード(http://www.fabex.jp/)出来ます
2.酒粕と米粉を使った焼き菓子のイメージイラスト(A4用紙を使用。裏面に氏名明記)
 ※写真でも可。写真の場合は各パーツの名称を記入してください
3.酒粕と米粉を使った焼き菓子のレシピ(A4用紙を使用。裏面に氏名明記)
 ※第一次審査 応募締め切り 2018年3月2日(金)※必着

■ 課題の「酒粕」と「米粉」のサンプル提供につきまして
・書類選考後、決勝戦進出者には旭酒造(株)様より「獺祭」の酒粕と「山田錦」の米粉をサンプルとしてご提供いたします。
書類選考時にはサンプルの「酒粕」と「米粉」はお送りいたしません。お手持ちの酒粕、米粉にて試作をお願いいたします。

「酒粕と米粉を使ったスイーツコンクール2018」

閲覧にはAdobe Readerが必要です。

PCGページ
レシピページ
書籍販売ページ
sigep
sigep
sigep
aperitif
grandpatissier
cakechef
boulanchef
cakepia