UP

製菓ゼミナールの Recipe

Recipe Topに戻る

レシピ

Confectionery
Technological
Seminar

オクシタニアル / 中山和大 シェフ

Cacao nibs and cheese crackers

カカオニブとチーズのクラッカー

約5缶分


近隣の「nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO」のカカオニブを使用したおつまみ。「甘い物が苦手なお父さんへのプレゼントにしたり、こういったお菓子やパンやキッシュなどを店頭に置くことで、それらを目的に買いに来た方が、『じゃあ今日はケーキも買って帰ろうか』ということになるかもしれない。無理をしない範囲で、多くのお客様に来ていただけるラインナップを作りたい」とシェフ。

中山和大 シェフのもう一つのレシピを見る >

◆ 生地

<A>
小麦粉(北海道産)*1・・・・・100g
B.P.・・・・・2g
トレハロース*2・・・・・15g
塩・・・・・2g
ブルーチーズ(粉末)*3・・・・・20g
ナツメグ(粉末)・・・・・0.2g
カカオニブ*4・・・・・10g
生地練り込み用油脂*5・・・・・30g
水・・・・・30g
パルメザンチーズ*6・・・・・適量

写真1
  1. ボウルに<A>の材料を入れ、ミキサーにかける。
  2. [1]をまとめ、2mm厚にのす。
  3. パルメザンチーズをふりかける(写真1)。
  4. 2.5cm角にカットし、160℃のオーブンで約25分間焼成する。
 

◆ 使用材料

*1「ファリーナ ジャポネーゼ」〈セルバッジオ/日清製粉(株)〉。
*2「トレハ」〈(株)林原〉。
*3「ブルーチーズパウダー」〈タカナシ販売(株)〉。
*4「カカオニブ」〈nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO〉。
*5「咲味油」〈月島食品工業(株)〉。
*6「チェスコセレクション(CS)パルメザンチーズ」〈池伝(株)〉。
 

月刊誌 世界の菓子PCGでは、「製菓技術ゼミナール」で取り上げた製菓を、豊富なプロセス写真と丁寧な解説で紹介しています。

PCGページ
レシピページ
書籍販売ページ
sigep
sigep
sigep
aperitif
grandpatissier
cakechef
boulanchef
cakepia