UP

製菓ゼミナールの Recipe

Recipe Topに戻る

レシピ

Confectionery
Technological
Seminar

ラトリエ モトゾー / 藤田統三 シェフ

Cake al marrone

ケーク・アル・マッローネ

30×11×h5cmのレーリュッケン型 1台分+プティ・フール・セック


イタリアはアーモンドの特産地。どの店もアーモンドのペーストを自家製で作り、それを利用していろいろなお菓子を作る。ロボクープでも可能だが、より簡単なブリクサーを使った製法をデモンストレーション。「注意点は1つだけ。材料をよく冷やしておくこと。熱を持つと、風味や旨味が入っている油が抜け出て、おいしくなくなってしまいます」。最後に加えた卵白には防腐作用があり、先人の知恵となっている。今回は、焼き菓子の香りの重要性の再確認として紹介した。

藤田統三 シェフのもう一つのレシピを見る >

月刊誌 世界の菓子PCGでは、「製菓技術ゼミナール」で取り上げた製菓を、豊富なプロセス写真と丁寧な解説で紹介しています。

PCGページ
レシピページ
書籍販売ページ
sigep
sigep
sigep
aperitif
grandpatissier
cakechef
boulanchef
cakepia