UP

製菓ゼミナールの Recipe

Recipe Topに戻る

レシピ

Confectionery
Technological
Seminar

ダロワイヨジャポン / 中野 賢太 シェフ

Petit Bois

プティボワ

オーバル形フレキシパン 30個取り 1枚分


日本人には足りていないことが多いというタンパク質。「森永乳業(株)の勉強会に参加したこともあり、タンパク質入りを謳った健康志向の焼き菓子を考えました」。タンパク質を表示するには、プロテインを加えるだけでなく、他の素材も含めて8.1%以上の含有が必要で、“高プロテイン”であればさらに倍以上。「卵はもちろん、アーモンドやピスターシュもタンパク質を含みますので、このルセットで8.4%以上の含有量になります」。

中野 賢太 シェフのもう一つのレシピを見る >

◆ パータ・シュクレ・フロマージュ

バター・・・・・51g
粉糖・・・・・35g
<A>
ホエイプロテイン*1・・・・・6g
パルメザンチーズ・・・・・15g
全卵・・・・・20g
薄力粉・・・・・84g

  1. 柔らかくしたバターと粉糖を混ぜ合わせる。
  2. 合わせた<A>の材料を加えて混ぜる。
  3. 全卵、薄力粉を順に加えて混ぜる。
  4. ひとまとめにして2mm厚にのし、ピケをする。オーバル型に合わせて抜く。
 

◆ ガルニチュール

クランベリー(ドライ)・・・・・90g
 

◆ アパレイユ

バター・・・・・166g
クリームチーズ・・・・・251g
全卵・・・・・122g
<A>
粉糖・・・・・141g
アマンド・プードル・・・・・105g
ピスターシュ・プードル・・・・・60g
ホエイプロテイン*1・・・・・15g
クレーム・パティシエール・・・・・70g

  1. 柔らかくしたバターとクリームチーズをロボクープで混ぜる。
  2. 室温に戻した全卵を1/2量加え、混ぜ合わせる。
  3. 合わせてふるった<A>の粉類を1/2量加え、混ぜ合わせる。
  4. 残りの全卵を加えて混ぜ、残りの<A>を混ぜる。
  5. 室温に戻したクレーム・パティシエールを加えて混ぜる。
 

◆ 組み立て・仕上げ

ピスターシュ(刻み)・・・・・30g

写真1
  1. パータ・シュクレ・フロマージュをフレキシパンにセットする。
  2. ガルニチュールを中央に置く。
  3. [2]を覆うようにアパレイユを絞り(1個につき30g/写真1)、ピスターシュをふる。
  4. 170℃のコンベクションオーブンで約25分間焼成する。
 

◆ 使用材料

*1「ミライプロテイン WPC80」〈森永乳業(株)〉
 

月刊誌 世界の菓子PCGでは、「製菓技術ゼミナール」で取り上げた製菓を、豊富なプロセス写真と丁寧な解説で紹介しています。

PCGページ
レシピページ
書籍販売ページ
sigep
sigep
sigep
aperitif
grandpatissier
cakechef
boulanchef
cakepia