All Japan Confectionery Association

協同組合 全日本洋菓子工業会

月刊誌 世界の菓子 PCG

最新号のご紹介

2017年 8月号

特 集

名古屋の洋菓子文化

 

好評

発売中

関東と関西の間に位置し、都市圏人口でいえば三大都市圏の一つに当たる“中京圏”の中枢都市、名古屋。

古くから喫茶店文化が根付き、「モーニング」など独自の食文化も栄えてきました。

そんな中で、洋菓子はどのような発展を遂げているのでしょうか。

3人のシェフに座談会形式で語っていただくと共に、東海地方の素材を使ったお菓子を製作していただきました。また、老舗といわれる店から1年以内にオープンした店まで、様々なパティスリーを訪ねました。

話題の店:パティスリー ミミ

製菓技術ゼミナール:和泉 光一(アステリスク)

私のスペシャリテ:田中 麗人(アンダーズ東京)

次号のご紹介

2017年 9月号

 

NOW

PRINTING

特 集

アンズ、スモモのお菓子

 

9月1日

発売

日本における洋菓子の黎明期から、アンズジャムはパウンドケーキやザッハトルテをはじめ、さまざまな洋菓子に使われてきました。しかしアンズそのものを主役にしたお菓子は、脚光を浴びる事が少ないように思われます。

そこで、フレッシュのアンズを使ったお菓子や、アンズの味わいが凝縮された加工品を使ったお菓子を考えていただきました。またアンズのフレッシュを加工するリリエンベルグの厨房にお邪魔し、その手順とアンズをおいしく食べさせてくれる2種類のタルトを作っていただきました。同じ初夏~夏に出てくるニホンスモモ(プラム)、西洋スモモ(プルーン)についても考察します。アンズ、スモモの加工品のカタログも掲載します。

連 載

話題の店:GINZA SIX

製菓技術ゼミナール:廣瀬達哉(パティスリー ヴォワザン)

私のスペシャリテ:大塚 聡(明治記念館)

※内容は予告なく変更することがあります。予めご了承ください。

定期購読のご案内

◆ 定期購読の方に限り、定価1冊2,570円(税込)のところ、1冊2,000円(税込)にてお届けいたします ◆

   ● 1年:24,000円(税込・送料不要)  ● 6ケ月:12,000円(税込・送料不要)

月刊誌「世界の菓子PCG」の定期購読・バックナンバーをご希望の方は、下記「ご購読のお申込み専用フォーム」よりお申し込みください。折り返し、ご注文内容、金額及びお手続き方法をメールにてお知らせいたします。

本はご入金確認後、発送いたします。

問い合わせ先

協同組合 全日本洋菓子工業会

〒105-0012 東京都港区芝大門1-16-10土木田ビル3F

Tel:03-3432-3871 Fax:03-3432-4081

Copyright © 2010 All Japan Confectionery Association All rights reserved.