All Japan Confectionery Association

協同組合 全日本洋菓子工業会

製菓ゼミナールの Recipe

Recipe Topに戻る

レシピ

Confectionery
Technological
Seminar

ラ スプランドゥール / 藤川 浩史 シェフ

サブレ 大麦コーヒー

約60個分


無農薬の大麦を煎って粉砕した大麦コーヒーのジャリジャリした食感が楽しいサブレ。ほのかなピーナッツ風味の生地はワインなどに合うよう砂糖やバター、卵の配合を控えめにし、甘さや水分量を抑えたドライな仕上がりになっている。また、大麦コーヒーはドリップしてコーヒーと同様に楽しめる。ノンカフェインのため、カフェインが苦手な人にも試しやすい素材だと言う。

藤川 浩史 シェフのもう一つのレシピを見る >

◆ 生地

<A>
薄力粉*1・・・・・340g
粉糖・・・・・200g
アマンド・プードル*2・・・・・40g
落花生パウダー・・・・・60g
大麦コーヒー・・・・・80g
バター(角切り)*3・・・・・240g
塩・・・・・2g
全卵・・・・・46g
写真1
写真2
写真3
  1. ミキサーボウルに<A>の粉類、大麦コーヒー、バター、塩を入れて合わせ、低速で混ぜる。
  2. 全体がサブレ状になったら(写真1)、全卵を一度に加えて混ぜる。ひとまとめにし、平らにのす。
  3. OPPシートに挟み(写真2)、パイローラーで4mm厚に伸ばす。冷蔵庫で休ませる。
  4. φ6cmの抜き型で抜き(写真3)、160℃のオーブンで20〜25分間焼成する。
 

◆ 使用材料

*1「バイオレット」〈日清製粉(株)〉
*2「バレンシア アーモンド パウダー(皮なし)」〈サンエイト貿易(株)〉
*3「Rタイプ」〈よつ葉乳業(株)〉
 

UP

月刊誌 世界の菓子PCGでは、「製菓技術ゼミナール」で取り上げた製菓を、豊富なプロセス写真と丁寧な解説で紹介しています。

月刊誌 世界の菓子PCG
について 詳しく見る>

Copyright © 2010 All Japan Confectionery Association All rights reserved.